旅行の相談をするとお金がかかる?[知っておくべきこと]

こんにちは!やつおです!

あなたは、旅行の予定をたてるとき、なにを参考にして計画していますか?

わたしはもともと、行きたいところについてインターネットで調べてしまう派です。

ですが、その辺のことで、最近気になるニュースがありました。

今日は、そのことについて書きたいと思います。

旅行の相談をするとお金がかかる?[知っておきたい]

相談料がかかるようになる

旅行の計画をする際、参考にするもののひとつに、「旅行代理店の相談窓口」がありますよね?

何度も利用している方もいらっしゃると思います。

「いままでお金かかったことないよ」っていう方の声が聞こえてきますw

事実として、お金はかかっていなかったんだと思います。

ですが、特にこの4月から、JTBさんの一部窓口では、30分いくらという価格設定で、相談料をとられることになりました。

まず、知っておきたいことというのは、そこですね。

これだけ聞くと、「相談くらい無料でやってくれよ!」という声も聞こえてきそうです。

ですが、この問題には、いろいろと背景もあるみたいです。。

スポンサーリンク

どんな事情で相談料をとるようになったのか?

実は、「とるようになった」のではなく、これまでも料金設定はあったんです!

それも、JTBに限らず、各社で決まっている相談料の設定が。

じゃあ、なぜ、いままでお金が発生せずに、これからは発生してしまうのか?

事情としてはこうです。

会話の流れで相談に入ってしまうことがあり、相談料が発生するタイミングの線引きが難しい。

窓口の人と話しているんだけど、最初は相談という感じではないライトな会話をしています。

そこから相談のようになっていくので、線引きが難しいということです。

それで、「曖昧なまま、今日に至ってしまった」というわけですね。

このままではいけないということで、JTBさんが一歩踏み出したと。

しかも、私が考えるに、これからの時代、インターネットでの下調べだけで旅行に行ってしまう人が山ほどいるわけです。

なので、旅行代理店のこれからの仕事というのは、普通にネットでしらべるくらいじゃわからないことを提供していかなければならない。

おそらく、そういうことを踏まえたうえでの、覚悟の決断だったと思います。

窓口に相談したときに、情報の質が高ければ、わたしは悪くない決断だと思います。

ましてや、有料になると、ネットで少し調べればわかるような、ちょっとしたことを聞く人も減るので、待ち時間が減るのもいいですね。

ただ、わざわざ窓口に足を運ぶまでもない情報であれば、これまでどおり無料でも良いんじゃないかとも思います。

しかし、窓口の方のプレッシャーも、ハンパないですよね(笑)

なお、JTB(一部の窓口)の相談料金はこんな感じ

国内旅行の相談:30分 2,160円

海外旅行の相談:30分 5,400円

30分以降:国内は同額。海外旅行については、3,240円。

なお、店舗の見やすいところに、貼り紙あり。

※2019/4/25現在の情報です。

スポンサーリンク

あとがき

相談料については、旅行代理店各社の今後の対応に注目しておく必要がありそうですね!

ちなみに、相談料をとっていいのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、もともと法律としては、まったく問題ないんです。コレが。

旅行するときは、場合によって、情報収集するところを変えていきましょう!

以上、旅行の相談をするとお金がかかる?[知っておくべきこと]でした!


関連記事

いちご狩りなら「いちごの里」がおすすめ![大型連休][GW]


ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。