Display Portとは?

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

これまで、文字を打てさえすればよかったので、私には低スペックなChromebookで十分でした。

しかし、ここにきて “プロジェクト ゾンボイド” というゲームを(マルチプレイで)やりたくなったんです。

そこで、「ゲームを快適にプレイできるPCを買わなきゃ!」と、かなりひさしぶりにデスクトップPCを購入しました。

(以前のPCでは、まともにマルチプレイができませんでした…)

PCを購入した際に、店員さんから「HDMIポートよりもDisplay Portのほうが多い構成になっています」との説明があり、「なにそれ!?」となりました。

「技術の進歩がはやすぎじゃな…!」と、自分がDisplay Portを知らなかったことがショックだったんです。

そこで今回は、”Display Port” についてまとめました。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

Display Portとは?

Display Portの特徴

Display Portは、こんなディスプレイケーブルです。↓

  • 2006年には、すでにver1.0が発表されていた
  • デジタルで伝送できるDVIの後継として開発された
  • “8K” にも対応できる
  • ディジーチェーン(数珠つなぎ)でマルチディスプレイ環境を構築できる
  • 変換ケーブルを使うと、HDMIポートにも接続できる
  • HDMI端子と同じくらいの大きさ

※Display Portには複数のバージョンがあります。詳しくは “ビギナーズ” さんがわかりやすかったです↓

▶ディスプレイポートとは?HDMIとの違いやモニター接続の種類について | ビギナーズ

さらに先進的なケーブルには、”USB-C” もあります

USB-Cは、スマホなどさまざまな電子機器に搭載されているため、多くの人が知るケーブルではないでしょうか。

まるで “すべてのケーブルがUSB-Cになってもおかしくない” くらいの勢いを感じます。

ディスプレイケーブルにおいても、「最先端のケーブルはUSB-C」といえそうです。

USB-Cポートがディスプレイに搭載されていて、なおかつ電源の供給ができる “USB-C PD” に対応していれば、1本のケーブルだけで映像・電源ともに供給できるというスグレモノ。

とくに、PCでゲームをプレイする人なら、反応速度がはやい “有線” の周辺機器をつなぐことが多いはず。すこしでもケーブルが減るとうれしいですよね。

なお、USB-Cポートで映像転送をするときにもDisplay Portの技術(Display Port Alt Mode)が採用されています。

あとがき

IT関連の技術の進歩は、ガンガン加速していくばかりですね。

今回は “Display Port” についてまとめましたが、まだまだ学ぶべきことは多そうです…

なお、筆者がハマッている “プロジェクト ゾンボイド” の動画は、ほぼ無編集でYouTubeにあげています。

もし動画が気に入れば、チャンネル登録してもらえるとうれしいです↓

▶ティにリスちゃんねる

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。