図解でわかる暗記のすごいコツを読んだ[書評]



スポンサーリンク

どうも!やつおです!

前回につづき、今回も記憶に関係する本について
おすすめ本の書評をさせていただきます!

図解でわかる暗記のすごいコツ

この本を参考にしてほしい方

試験勉強など、暗記を効率的に行う必要がある方

あなたが、覚えることが苦手であれば、
この本は非常におすすめです。

なぜなら、「誰でも確実に結果が出せる35のテクニック」という
サブタイトルにもあるとおり、35もの実践的な技術が記載されているから。

参考にしたいテクニックが多数

まず、この本を読んだ個人的な感想としては、大切なのはやはり「効率」
なんだなと思いました。

しかし、手間をかけなければならないところもありました

そこをふまえて、参考にしたいものが多数ありました。

まず、本を読むとき、「だから」「ようするに」「よって」などの付近に
結果・結論があるので、先にそこから読むのが良いというような内容がありました。

わたしは、ビジネスにおいても、何か上司に報告するときに大切なことは、
結果・結論から伝えることだと思っています。

この「ビジネスにおける一般的な報告方法」と同様に、本を読むときも、
「結果や結論から読む」ことが暗記するコツのひとつにあげられるんだと思います。

結果・結論が重要なので、先に読み、そのまわりのものはあとで紐づける
イメージですかね。。

あとは、長い文章も、自分で覚えやすいように1行にしてみることが重要
という内容も、とても刺さりました。

自分は、暗記下手で、そのまま書き写して覚えようとしてたので。。

暗記することが上手な人ほど、自分で覚えやすくする努力を惜しまない
ということですね!

手間をかけなければならないところは、そこです。

本当に一部ですが、このようなことを、この本から読み取りました。

非常に良い本ですね。

スポンサーリンク

あとがき

こうして、活字で読むと、頭ではわかっているつもりのことが、
実はあまり意識できていなかったことがわかることがあります。

むしろ、「なんとなくわかっている」のことの方が、「全く知らない新たな知識」
よりも多い気すらしてます。

わたしは、読書をすることで、「実はわかっているけど、意識が足りない」ことを、
常に意識できるようになれたことが多々あります。

知っていることを意識できるようになると、いざその知識が必要になった時、
すぐに思い出せるので、その知識が活用できるんです。

活用しなければ、知っているだけなので、役に立つことはありません。

「知識を活用するきっかけ」になるところも、私が読書好きな理由のひとつです。

ちょっとお伝えしにくく感じましたが、なんとなく言いたいことは
伝わりましたか?

伝わっていなければ、申し訳ありません。。

今回の場合でいうと、結論から述べるのが「わかりやすい報告の基本」
だということを知っているのに、読書には適用できていない人が多いかと。

やはり結論から読むことで、覚えなければいけないことが「わかりやすく」
明確になるため、頭にもスッキリ残るはずですよね?

このように、この本には、暗記のコツが満載で勉強になりました
しかも、わかりやすく図解されていますw

おすすめなので、ぜひ、読んでみてくださいね!

以上、「 図解でわかる暗記のすごいコツを読んだ[書評] 」でした。

 



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。