軟水と硬水のちがいとは【日本の水道水は軟水です】

こんにちは、やつおです。

あなたは、日本の水が『軟水』と『硬水』のどちらかわかりますか?

正直なところ、わたしはパッと答えることができませんでした。

そこで今回は、軟水と硬水のちがいについて調査しました。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 軟水と硬水のちがい

軟水と硬水のちがいとは【日本の水道水は軟水です】

軟水と硬水のちがい

『硬度』のちがいにより、軟水と硬水に分かれます。

『硬度』は、水1ℓあたりに対する『カルシウム』『マグネシウム』の含有量によって決まります。

WHO(世界保健機関)による『軟水』『硬水』の基準は、以下のとおりです。

  • 『軟水』は硬度120mg未満
  • 『硬水』は硬度120mg以上

それでは、『軟水』と『硬水』それぞれの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

軟水の特徴

  • 口当たりがやわらかい
  • 風味がさっぱり
  • 料理に使いやすい
  • 飲みやすい
  • 身体に吸収しやすい
  • 美肌効果が期待できる

日本では水道水が軟水です。

商品として売られている国産の水も、その多くが軟水となります。

ほとんどの日本人は軟水に慣れているため、「多くの日本人の口に合いやすいのは軟水」ということができるのではないでしょうか。

硬水の特徴

  • 口当たりが重い
  • 苦味がある
  • 血液の流れを良くする
  • 便通の改善が期待できる
  • ダイエット向き
  • 慣れていない人が飲むとお腹がゆるくなる可能性がある
  • 和食料理には適さない

ヨーロッパなどでは水道水が硬水のところが多いです。

血液の流れが良くなるため、心筋梗塞や脳梗塞など病気の予防にもなるといわれています。

『軟水』と『硬水』どちらにも良いところがあるため、バランスよく摂取するのが理想的ですね。

スポンサーリンク

あとがき

日本の水道水は軟水なので、最初は軟水のほうが飲みやすいはずです。

そして軟水と硬水の特徴を比較すると、和食料理などにも合うため、日本においては軟水のほうが使いやすいのは間違いないでしょう。

しかし、硬水の素晴らしさを知ることができたので、今後は硬水にもチャレンジしていきたいと思います。

ちなみに、水道水を飲むことがあれば、タイミングによっては注意しなければならないことがあります。

それは起床後など、『前回蛇口をひねってから時間が空いているタイミング』です。

なぜこのタイミングに注意しなればならないのかというと、『水が水道管に長く留まっている』ためです。

水が水道管に長くたまっていると、塩素が薄まっていたり、サビなどが混入したりすることがあります。

衛生的にあまり良くないため、バケツ一杯分ほどの水を流してから飲むようにしましょう。

以上、「軟水と硬水のちがいとは【日本の水道水は軟水です】」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。