100均の耳かき綿棒が便利!【使い捨てができて衛生的です】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、どれくらいの頻度で耳かきをしていますか?

私は週イチで、耳かきをしています。

本来は月に1回ほどの頻度が耳には良いようですが、耳かきしているときって、とかく気持ちがいいんですよね~。

そんな過剰な耳かきライフのなか、先日100均のmeets.(ミーツ)に行ったときに「衛生的でいいかも!」と思わず手にとったのが「耳かき綿棒」なんです。

今回は、「耳かき綿棒」を使ってみてメリット・デメリットに感じたことを書いていきます。

※本記事はおよそ1分で読むことができます


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 「耳かき綿棒」のメリット
  • 「耳かき綿棒」のデメリット

100均の耳かき綿棒が便利!【使い捨てができて衛生的です】

「耳かき綿棒」のメリット

「耳かき綿棒」を使ってみてメリットと感じたことは、以下のとおりです。

  • 「耳かき」と「綿棒」両方の機能がある
  • 使い捨てできるため衛生的
  • 個包装になっているため、単体でも持ち運びやすい
  • パッケージに「日本製」「抗菌」と明記されていて安心感がある
スポンサーリンク

「耳かき綿棒」のデメリット

「耳かき綿棒」を使ってみてデメリットと感じたことは、以下のとおりです。

  • 綿棒が若干かため(先日まで筆者が使っていた綿棒と比較した場合)
  • 100本入りで110円の綿棒に比べると割高感がある
  • 耳に入れた状態だと「耳かきのくぼみ」の向きがわからなくなることがある

あとがき

たしかに100本入りの綿棒よりは割高感がありますが、「耳かき綿棒」はアイデアが優れていて、使い捨てなので衛生面もバッチリです。

筆者は、そんな「耳かき綿棒」が気に入ってしまいました。

できれば「耳に入れた状態で『耳かきのくぼみ』の向きがわかりやすいような工夫」があれば、さらに最高でしたが…

ちなみに、綿棒を耳の中に入れるのは日本人くらいで、海外の人は綿棒を耳の中には入れないようです。

日本においても、複数の専門家が「綿棒で耳を掃除すると、耳の奥に耳垢を押し込んでしまう」という理由で綿棒での耳掃除はオススメしていないようです。

実際に、耳垢が原因で耳が聞こえにくくなる人には、「綿棒でキレイに耳を掃除している」という人が多いとか。

そのため、筆者は綿棒側を使わずに「使い捨ての耳かき」感覚で「耳かき綿棒」を利用していこうと考えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。