水出しコーヒーのつくりかた【メリット・デメリットも】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、水出しコーヒー(コールドブリュー)をつくったことはありますか?

「市販のアイスコーヒーを買ったことはあるけれど、水出しコーヒーを自分でつくったことはない」という人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、水出しコーヒーのつくりかたと、メリット・デメリットをまとめました。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 水出しコーヒーのつくりかた
  • 水出しコーヒーのメリット・デメリット

水出しコーヒーのつくりかた【メリット・デメリットも】

水出しコーヒーをつくるには

水出しコーヒーをつくる方法は、以下のとおりです。

準備するもの

つくり方

  1. コーヒー粉を水出し用のコーヒーポットに入れる
  2. ゆっくりと水をそそぐ
  3. コーヒーポットごと冷蔵庫に入れて6~8時間放置する

このように、水出しコーヒーができるまでには、およそ7時間ほどかかります。

そのため、就寝前にセットしておくのがベストです。

暑い日の寝起きに、コールドブリューを飲むと、私のように幸せな気分になれるかもしれませんw

水出しコーヒーのメリット・デメリット

水出しコーヒーのメリット・デメリットは以下のとおりです。

水出しコーヒーのメリット

  • 苦味や渋みが抽出されにくいため、スッキリとした味になる(筆者は夏に飲みたくなる)
  • 熱に起因する化学反応がなく、酸化しにくい(熱湯でいれたコーヒーよりは保存がきく)
  • カフェイン含有量が少なくなるため、カフェインが苦手な人にやさしい

水出しコーヒーのデメリット

  • 抽出に時間がかかる
  • 濃いめのコーヒーを飲みたい人には向かない
  • カフェインが少なくなるため、眠気覚ましには向かない
  • 深煎りのコーヒー豆を使用しなければ、味がうすくなりがち

スッキリとした味になるため、「コーヒーは飲めないけど、コールドブリューなら飲める!」という人も多いようです。

あとがき

水出しは、気温が上昇してくるこれからの季節にピッタリなコーヒーの飲み方ではないでしょうか。

個人的には、冬に水出しコーヒーをつくることはまずないので、水出しコーヒーを飲むと、「今年も夏が来たな~」なんて季節を感じてしまいます。

「水出ししたことがない」というあなたは、いちど試してみてもいいかもしれません。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。