小沢一敬さんの「逃げるなよりも、逃げきれ」に共感しました

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、スピードワゴンの小沢さんをご存知でしょうか?

独特な雰囲気が持ち味の芸人さんですよね。

なにを発言しても、ロマンチックに名言を言っているような、不思議な雰囲気がありますw

そんなこんなで、好きな芸人さんのなかの一人なんですが、最も魅力を感じるのは「小沢さんの考え方」です。

このたび、小沢さんが放った名言は、「逃げるなよりも、逃げきれ」。

今回は、この発言を受けて、私が感じたことを書いています。

小沢一敬さんの「逃げるなよりも、逃げきれ」発言に思うこと

熱中できることがあれば、深刻に考えずに済む

「現実逃避じゃないけど、好きなことをもつことで生かされてきた」という小沢さん。

筆者は、好きなことに対して感謝する小沢さんの姿勢が、「素敵だな〜」と感じました。

多感な時期は、だれしもが「死にたい!」と思うことがあるのではないでしょうか。

小沢さんも、死を意識した時期があったそうですが、そんなときは音楽や漫画(最新の曲や新刊が出る日)を励みにしていたそうです。

そんな日々を続けていると、「死ぬほど深刻なことなんて何もねぇじゃん」と、思えるようになったといいます。

筆者は、「熱中できるものがあれば、ほかにツラいことがあったとしても乗り越えられるんだな〜」と感じました。

わたしの場合、昔はゲーム、いまはブログに夢中です。

いつも熱中できることがあるからこそ、健康に過ごせているのかもしれません。

「漫画の3巻理論」に共感

小沢さんは、苦手なことに直面したときに「漫画の3巻理論」を当てはめて考えるといいます。

「漫画の3巻理論」というのは、スラムダンクやドラゴンボールなどの長編漫画で、最初のほう(3巻くらい)でいったん主人公が負け、そこから主人公が覚醒していくことを指します。

筆者は、「現実も同じだな〜」と感じました。

なぜなら、私自身も失敗してはじめて、「少しは成長したかな…」となるからです。

実は当ブログも、開設して1年間ほどは、記事が読まれたとしても30秒も読まれないことがほとんどでした。

※Googleアナリティクスというサービスを利用すると、読者さんが記事を読んでいた時間を把握できます

わざわざ検索して読み始めたのに、30秒も読まれない記事なんて、紛れもなく失敗…いわゆる「クソ記事」ですよね?

しかし、失敗を積み重ねた結果、いまは平均で5分くらいは読んでもらえる記事が書けるようになりました。

大量に記事を書いていくうちに、コツを掴んでいった感じですね…

記事を書くことは好きなんですが、どうやら最初は向いているとはいえなかったようですw

記事を読んでもらえるように、ライティングの勉強はしたものの、なにより大切なのは「失敗→改善」の経験を重ねること(PDCA)です。

長編漫画の主人公が成長していく過程が長いのと同じように、私たちの人生も漫画のストーリーのように捉え、自分が思い描く人生にしていきたいものですね。

※現実が漫画とちがう点は、「現実のほうが圧倒的に負ける回数が多い」ことだと思いました

「死ぬほど嫌なら辞めちゃえばいいじゃん」に共感

小沢さんは、「現実逃避するな」「逃げるな」という人がいるけど、動物界で生き残ったのは「逃げ切ったやつだけ」と述べています。

そのうえで、「死ぬほど嫌なら辞めちゃえばいいじゃん、そんなしんどい思いをしてまでやらなきゃいけないことなんて、世の中ないんだよ」とも…

小沢さんの考えかたが、実は筆者がTwitterやブログをとおして、フォロワーさん・読者さんに伝えたい、ひとつの軸としているメッセージなんです…

わたしも、「中途半端に逃げずに、逃げ切ってしまったほうが、ストレスフリーに生きれて最高!」と考えています。

ある程度のストレスは必要かもしれませんが、人生に「強いストレスは必要ない」はずです。

強いストレスが原因で病気になり、死にいたることなど、山ほどあります。

人生を楽しむどころか、人生が終わってしまわないようにだけ、気をつけましょう!

ただ、病気せずとも、宇宙からすれば、そもそも人間の一生など短いものです。

死ぬときに、悔いが残らぬよう、自分に嘘をつく癖があれば、いますぐに治すことをオススメします。

あとがき

小沢さんは、独特な雰囲気をもっているため、「きっと考え方は、人と違うんだろうな〜」と想像していました。

しかし、小沢さんの発言を総合的に考えてみると、「私が言いたいことを代弁してくれているんじゃないか…?」と感じてしまうほど、「考え方が似ているな〜」と。

同じ考えなら、より影響力のある小沢さんが発信してくれたほうが、考え方が拡散されるので、これからもスピードワゴンの小沢さんを応援していきます!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。