「東京近郊では、積雪したときくらい歩こう!」と感じた件

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

なんだかんだで、東京および東京近郊に雪が降ることは、めったにありません。

私が住むエリアでは、「1年のうちに積雪する日は5回以下じゃないか?」といった印象です。

夫婦そろって雪の多い地域の出身ということもあり、私たち自身は「積雪時にはどう運転すればいいか」を把握しています。

しかし、東京および東京近郊で生活している人たちは、積雪がほとんどない地域出身の人も多い。

そのため、こちらが “どれだけ注意して運転していても、事故に巻き込まれる確率は高い” んです。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

「東京近郊では、積雪したときくらい歩こう!」と感じた件

ふだん通る坂は、すべて事故っていました

筆者は、クルマで30分もかからない場所に通勤しています。

決して遠くはないと感じる道のりですが、積雪時に滑りそうな坂は2ヵ所あります。

東京および東京近郊が大雪になった日に、「気をつけていれば大丈夫だろう…」と、いつものようにクルマで通勤しました。

行きは積雪量が、まだそんなに多くはなかったためか、比較的にすんなりと走行できたのですが(もちろん、ゆっくり運転で)、帰りが大変だったんです。

なぜなら、”ふだん通る坂すべてが、事故による通行止め” になっていたからです。

やむを得ず平坦な道をえらび、遠回りをしてなんとか帰宅しました。

この経験から、筆者は「1年に何度も雪が降るわけじゃないし、東京および東京近郊では “積雪したときくらい歩こう”」と決めたわけです。

あとがき

だれもが「自分は事故らないよ…」と考えがちではないでしょうか。

私も、「スタッドレスタイヤを装着していれば、自分は事故らないかな~」と考えていました。

しかし、積雪時の運転に慣れていない人が多い地域では、”そもそも運転をしない” と判断するのが賢明です。

なぜなら、どれだけ自分が注意して運転していても、”周囲の事故に巻き込まれる可能性が高い” からです。

※そもそも、ノーマルタイヤで雪道を走行しようとする無謀な人が多い気がします

わたしは今回、”ふだん通る坂すべてが、事故によって通行止めになった” という経験をしたため、積雪時は事故率が高いことをハッキリと認識することができました。

そのため、いまは「積雪時はなるべく外出をひかえて、外出する場合も近場(歩ける距離)なら歩こう」と考えています。

※雪が降るなか歩く際は、しっかりと防寒(防水)対策をしましょう

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。