料理の味付けが濃くなったときは「有機豆乳」が使えます

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、豆乳を飲んでいますか?

私は、以前コチラの記事でもご紹介したとおり、有機豆乳を飲んでいますが、豆乳を使って何度も試した結果、自分のなかで確信したことがあるので書いていきます。

ずばりタイトルどおりで、料理の味付けが濃くなったときは「有機豆乳」で薄めるのがベストかもしれないということです。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

料理の味付けが濃くなったときは「有機豆乳」が使えます

料理の味付けが濃くなってしまったら「有機豆乳」を投入しよう!

料理の味付けが濃くなったら、どのように対応していますか?

私は、ほとんどの場合は豆乳を入れて味を薄めています。

豆乳は豆乳でも、やはり「有機豆乳」というのが肝ですね。

オーガニックなので、ふつうの豆乳と比べると値段は少し高くなってしまいますが、なにせ「クセがない」ので、どんな料理にも入れやすいんです。

信じられないかもしれませんが、筆者は「有機豆乳を入れると、多くの料理が美味しくなる」とさえ思い始めています。

もちろん、もともとの料理が美味しいことが前提条件にはなりますが、「ちょっと味付けが濃いな~」というときにザッと有機豆乳を入れるだけで、さらに美味しくなることが多いです。

(味付けが濃くなくても、有機豆乳を入れたほうがおいしいことも多々あります)

ちなみに、オリジナルのラーメンをつくったときに「あちゃ~、めちゃくちゃ味が濃くなっちゃった~…」ということがありましたが、そのときもガンガン有機豆乳を投入したところ、見事に美味しくなりましたw

あとがき

筆者としては、「これ、なかなかの発見なんじゃないか!?」とテンションが上がり気味なんですが、なんとなく読者さんとは温度差がありそうな予感がしています…。

でも、誰かに教えたくて仕方がないことってあるじゃないですか?

「料理の味付けが濃くなっちゃった!」というときは、実際に有機豆乳を投入してみてください!

「だいたいの料理は、ちゃんと味が薄まり、さらに美味しくなる」はずです。

※筆者の持論であり、結果を保証するものではありません

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

ちなみに、筆者が愛飲している有機豆乳はこちらです。↓

 


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。