火山灰が積もると、どうなるのか?

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、富士山などの火山が噴火して、火山灰が積もるとどうなるかご存じでしょうか?

有識者の見解では、そろそろ噴火してもおかしくないという富士山…

そんな富士山の噴火が気になり、わが家でも本格的に災害対策をはじめています。

今回は、事前に頭に入れておきたい知識として “火山灰が積もると、どうなるのか?” について書いていきます。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

火山灰が積もると、どうなるのか?

火山灰が積もったときの想定3つ

①土石流が発生する

ふだんの火山の斜面(土壌)は比較的にスキマが大きいため、すこし雨が降っても地中にしみ込んでいきます。

しかし、火山灰が降り斜面が覆われると “水はけ” が悪くなり、少量の雨でも火山灰の表面を流れるようになってしまいます。

なぜなら、火山灰は “細粒な物質で構成されている” ためです。

②電車は、微量の降灰で停止する

地上を走行する電車は、微量の降灰で停止する可能性が高いです。

なお、富士山が噴火した際、風向き次第で首都圏のインフラ(鉄道・道路・物流・水道・通信)が2週間ほど機能停止すると想定されています。↓

▶富士山噴火による火山灰対策を策定

※大規模な火山灰の除去作業が必要となるため、インフラが完全に回復するまでには時間がかかります

③停電が発生する

火山灰が電線にかぶり、送電線のショートにつながります。

いたるところで停電となり、仕事にも影響をきたしそうです。

雨がふると、火山灰と雨が混ざり、より広範囲で停電が発生すると思われます。

エアコンが使えなくなると、季節によってはしんどいですね…

あとがき

忘れられがちですが、日本は “世界でも指折りの火山大国” です。

風向きによっては、遠くの火山からも火山灰が降ってくることもあります。

呼吸器系への影響も大きいと考えられるため、防塵マスクも必須ではないでしょうか。

「いまのところ、まったく災害対策していない!」という方は、そろそろ災害に備えるべき時期かもしれません。

なお、筆者は防塵メガネ防塵マスクウェーダーを備えています。↓

心配性なこともあり、ニュースなどで “南海トラフ地震が数年内に発生する確率が高い” と耳にすることも多く、かなり警戒しています。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。