カラダステーションで自分の体を知り健康体に![おすすめ]

ども!やつおです!

『健康』について新しい発見をしましたので、ご紹介します。

今回は、『クラブオンカードに登録』すると無料で受けられる『カラダステーション』というサービスについてです。

カラダステーションで自分の体を知り健康体に![おすすめ]

『カラダステーション』でなにができるか?

西武池袋本店にあるカラダステーションでは、順天堂大学スポーツ健康科学部の内藤久士教授監修『In Body』という体成分分析装置で自身のカラダの中身(筋肉量・脂肪量・筋肉バランスなど)をチェックすることができます。

▼こちらが『In Body』の分析シート表紙。裏面には分析結果が。

単にチェックするだけでなく、健康運動指導士や管理栄養士などの専門知識をもつアドバイザーから測定結果をもとに『健康なカラダづくりのためのアドバイス』を受けることができます。

実際に『カラダステーションのサービス』を体験した結果、アドバイザーのレベルが高く、『なぜそうすると痩せるか?』『なぜその筋肉が必要なのか?』など、わかっているようで実はあまりわかっていない部分について理解することができました。

また、チェックするだけでも行く価値があると思いますが、チェックの基準などの詳しい説明を受けることもできます。

本当に無知な私ですら、理解できるような感じで、わかりやすく説明していただけるので、とてもためになりました。

ここから先は、今回教わったことを少々ご紹介します。

スポンサーリンク

基礎代謝について

基礎代謝というのは『ただ寝ているだけでもカロリーを消費する代謝のこと』これは、私たちは何もしないでいる場合でも『呼吸や心臓が血液を全身に循環させる』ことなどで、かなりのカロリーを消費しています。

なお、運動におけるカロリー消費は、ほんの少しのパーセンテージしか占めていないので、ダイエットをするときは運動をするよりも食事を改善することの方がよほど重要だということも教わりました。

ただ、もちろん筋肉をつけることでカロリーは消費しやすくなるので、筋肉も普通程度には必要になってきます。

特に注意が必要な食事

白米・パン

アドバイザーの方いわく、『白米』『パン』は特に注意が必要ということです。

『白米』は、栄養価もないうえに炭水化物なので食べても良いことがないのだそう。

でも、いままで『お米』を食べてきていて、どうしてもお米を食べたい!という人は、コレしかありません。

アドバイザーの方から「お米を食べるなら玄米ですね。玄米ならまったく問題ないです」と言われたので、コレに従いましょう!

『パン』は、テニスのジョコビッチ選手の本に、以前は第3セットになると調子が落ちていたのは『パンに含まれるグルテンによるアレルギーが原因』と書いてあったそうで、その本を読んだのをきっかけに、『グルテン』について書籍を読み漁り、アドバイザーの方自身が『パンを食べるのをやめた』そうです。

すると、これまでは家事など何をするにも億劫で、眠気もあったけれど、パンを食べるのをやめたら眠気が消え、テキパキ動けるようになったと言っていました。

でも私はパンが好きなので、『あまり食べないようにしよう』と思いました(笑)

白砂糖

白砂糖は火にかけて燃やそうとしても燃えないそうです。

どういうことかというと、カロリーを消費しようとしても先にその砂糖をどうにかしようと無駄に体が働いてしまうため、カロリー消費を阻害してしまうとのこと。

せっかくビタミンなどを摂取しても、ろくに体に吸収されなくなってしまいます。

しかし、白砂糖に『灰』をふりかけると燃えるそうです。

でも、『灰』をふり掛けて食べたいとは思いませんよね?

そこで、これまで『砂糖』を摂取してきて、どうしても砂糖をふりかけたい!という人はコレ。

ずばり『黒砂糖』です。

黒砂糖は『ミネラル』を多く含んでいるため、『ミネラル』が先述の『灰』にあたります。

なので、効率的にカロリーを消費できることになるんです。

スポンサーリンク

腰痛持ちが筋トレするなら?

特に腰痛持ちの人が筋トレするのってしんどいですよね?

アドバイザーの方に、そんな腰痛持ちの人が筋トレするなら、何が適しているか聞いてみたところ、『ロングブレス』がいいと言っていました。

『ロングブレス』に関しては、かなり興味があるので書籍を購入し、詳しく調査してから2020年からはメインのトレーニングにしたいと考えています。

また、支える筋肉が必要なので、やはり背筋をつけることも重要とのことです。

あとがき

特に、わたしと同様に、これから体重を落とそうと考えている方には、『カラダステーション』のサービスを非常におすすめしたいと思います!

なぜなら、「いまの太っている状態でランニングしてしまうと、逆に脚を痛めてしまうので、今はその方法はやめた方がいい」など、具体的なアドバイスがもらえるので、

『これからどのようにして痩せていけばいいのか?』を明確にすることができるからです。

わたしは何に取り組むときも、明確な目標がなければ長続きしないと思っているので、今回カラダステーションでアドバイスを受けることができたのは本当に助かりました。

『カラダステーション』さんのアドバイスを糧に、ひとまず3ヵ月程度で最低10kgは落としたいと思っています。

というのも、『なぜ痩せることができるか?』という部分が自分の中である程度は見えてくるので、だいたいの目標くらいは設定できるようになったんでしょう。

昔ダイエットに成功した経験のある私にとっては、なおさら目標を設定しやすくなったように感じています。

あなたも、ぜひ一度『カラダステーション』さんを利用してみましょう!

きっと、自分のカラダについて詳しく知ることができますよ!

以上、「カラダステーションで自分の体を知り健康体に![おすすめ]」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。