仕事のスピードをあげる方法[高速PDCA][孫正義][ソフトバンク]

ども!やつおです!

今回わたしが読んだ本は三木雄信氏著の『孫社長のむちゃぶりを解決してきたすごいPDCA~終わらない仕事がすっきり片付く超スピード仕事術~』です。

巻末に近づくにつれて、ガンガン具体的なノウハウが書かれており、『心から買ってよかったと思える』とても濃厚な内容の一冊でした。

重要ポイントが多すぎて、この記事にどこをピックアップしようか迷って仕方がなかったです。

仕事のスピードをあげる方法[高速PDCA][孫正義][ソフトバンク]

高速PDCAを回すと仕事のスピードがあがる!

この本の主な内容のひとつに『PDCAを高速で行う』というものがあります。

『PDCA』以外にも参考になる箇所が沢山あるのですが、タイトルにPDCAとありますので、今回は高速PDCAの部分を『本当にざっくり』ご紹介します。

なお、下記の内容は、一般的な『PDCA』を理解している前提で書きました。

PDCAの『P』… 月間・週間だけでなく、『毎日』の目標を設定する

毎日のように必ず実施できる『具体的なアクション』を小さな目標として決める。

具体的にアクションしてみて、毎日改善するから普通の人の何倍ものスピードで成長できる。

PDCAの『D』… 同時にすべての手段を試す

今の時代、ひとつずつ手段を試していては、時間がいくらあっても足りない。

ライバル会社にスピードで勝つためには、同時にすべての手段を試して最も良い手段を最速で知る必要がある。

逆に同時に試さないと、「時間や気候が違うから結果がちがうのでは?」など公平な判断が難しくなってしまい、まともに比較ができない。

PDCAの『C』… 結果は「数字」で厳密に検証する

わたしがこの本を読んだ個人的な感想として、孫社長の『数字』に対するこだわりがハンパないことが一番伝わってきました。

そして、この数字を操るうえで欠かせない手法が以下の2つです。

  1. 原因と結果を分析する『多変量解析』
  2. プロセス・個人の仕事を見える化する『T字勘定』

※これらの手法については、『孫社長のむちゃぶりを解決してきたすごいPDCA~終わらない仕事がすっきり片付く超スピード仕事術~』に詳しく書かれているので、ぜひ読んでみてください!

PDCAの『A』…「いちばんいい方法」だけを磨き上げる

同時にすべての手段を試した中で、いちばんいい方法だけをひたすら実行する。

そして、その方法を『6:3:1の法則』さらにブラッシュアップしていく。

※『6:3:1の法則』についても、どういう割合か気になる方は、読んでみてください。

スポンサーリンク

あとがき

ソフトバンクは2001年度から2004年度まで4期連続で赤字だったということは、恥ずかしながらこの本を読むまで知りませんでした。

しかし、この期間、孫社長は高速PDCAを使って『同時にすべての手段を試していた』んです。

その結果、2005年度からはハンパなく増益しています。そして今なお右肩上がり。

ようするに、資金投入して徹底的に『いちばんいい方法』を調べあげ、さらにその方法をブラッシュアップし続けているということです。

正直内容が濃いので、読んでいて滅茶苦茶疲れましたが、得るものが多くて私にとっては『ホームラン本』でした。

あなたも、興味があればぜひ読んでみてくださいね!

以上、「仕事のスピードをあげる方法[高速PDCA][孫正義][ソフトバンク]」でした!


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。