エアコンの洗浄には気をつけよう!【火災の原因になります】

こんにちは、やつおです。

あなたはエアコンの洗浄、どうしていますか?

「どうしているって、市販の洗浄スプレーで洗浄しているに決まっているよ」と思いますよね?

わたしもつい先日まではそう思っていました。

しかし、最近になってようやく自分で洗浄することは危ないことだということを理解しました。

「エアコンの内部洗浄で発火の恐れがある」と独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)が呼びかていることを知ったからです。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • エアコンは構造が複雑なので素人が洗浄するにはリスクが高すぎる
  • なぜエアコンから火災が発生するのか

エアコンの洗浄には気をつけよう!【火災の原因になります】

エアコンは構造が複雑なので素人が洗浄するにはリスクが高すぎる

わたしはエアコンの内部を洗浄するとき、市販の洗浄スプレーを使っていました。

しかし、エアコン内部というのは私たちが想像している以上に構造が複雑なので、自分で洗浄するとなると火災や故障などのリスクが伴います。

スポンサーリンク

なぜエアコンから火災が発生するのか

ではなぜ、火災が発生するのでしょうか?

エアコンを洗浄スプレーなどの液体で洗浄すると、『トラッキング現象』がおこるためです。

『トラッキング現象』とは、水分によってトラック(電気の通り道)ができてしまい、異常な発熱が発生することを指します。

あとがき

エアコン内部の構造をしっかり把握している専門家でなければ、どこに液体がかかるとトラッキング現象がおこるかなどわかり得ないですよね。

NITEが推奨しているとおり、『エアコンの内部洗浄は専門的な知識を有する業者に依頼する』のが無難といえます。

仮に自分でエアコンを洗浄する際は、エアコンの内部にある電機部品に付着させないよう十分な注意が必要です。

これからは自分でエアコンを洗浄する気にはならなそうですが、どうやら業者による内部洗浄によって事故が発生したケースもあるといいます。

いかなる場合であってもエアコンに異変を感じた時点で、まずはメーカーや購入店に連絡しましょう。

ちなみに、過去にNITEが開示した事例によると、火災までには至らず、発火事故で終わるケースがほとんどのようです。

以上、「エアコンの洗浄には気をつけよう!【火災の原因になります】」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。