高濃度の柿渋は新型コロナウイルスに有効

こんにちは、やつおです。

2020/9/15に奈良県立医科大学が『高濃度の柿渋』が新型コロナウイルスを無害化させるという研究成果を発表したことをご存知でしょうか?

そこで今回は新型コロナウイルスに有効な柿渋について書いています。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 柿渋とは
  • 柿渋をとればいいからといって柿を食べればいいわけではない
  • 高濃度な柿渋を摂取できるものが製品化されそう

高濃度の柿渋は新型コロナウイルスに有効

柿渋とは

柿渋というのは、渋柿を絞り『発酵』『熟成』させたものです。

日本では主に塗料や染料として使われてきました。

「柿渋が感染症に効果があるとは意外だな~」と思いました。

スポンサーリンク

柿渋をとればいいからといって柿を食べればいいわけではない

奈良県立医科大学免疫学教授の伊藤利洋氏によると「柿を食べたらいい」というわけでは決してないとのこと。

なぜなら、あくまでも『高濃度』の柿渋を摂取することが重要だからです。

また、濃度のほかにも接触時間などもしっかりと考えなければならないといいます。

高濃度な柿渋を摂取できるものを製品化されそう

今後は人への効果を確認するため臨床研究をすすめ、製品化ができる企業を募るということです。

スムースに製品化されてほしいですね。

スポンサーリンク

あとがき

新型コロナウイルスのワクチンが流通するにはまだまだ時間がかかると思われるので、せめて高濃度の柿渋が手軽に摂取できるような飴などを早急に製品化してくれる企業が現れることを祈るばかりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「高濃度の柿渋は新型コロナウイルスに有効」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。