ようやくハンコをなくしていく動きがみられて嬉しい件

こんにちは、やつおです。

日本のハンコを押す文化、あなたはどうお考えでしょうか?

私は以前から「ハンコは不要派」です。

なぜなら『諸外国ではサインが一般的』かつ『筆跡こそ唯一無二の証拠になるのではないか』と考えているからです。

その反面『日本独自の文化』としては素晴らしいとは思いますし、押すだけなので楽というメリットがあるというのは否めないかもしれません。

そんななか、2020年9月23日の午前にひらかれたデジタル改革閣僚会議で「ハンコをすぐなくしたい」と河野行政改革担当相が述べたことでハンコ廃止の流れが加速していきそうな予感がします。

ようやくハンコをなくしていく動きがみられて嬉しい件

リモートワークの推進を阻むハンコの存在

政府はリモートワークを推進していますが、これを阻む要因のひとつにハンコがあるようです。

実際に自宅勤務をしていても「ハンコを廃止したら仕事がスムースに進むのにな~」と考えている人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

『ちゃんとした本人確認』にはハンコが必要

河野行政改革担当相は『ちゃんとした本人確認』のためにはハンコが必要という旨の発言をしているようです。

筆者としては冒頭に述べたとおり『筆跡こそ唯一無二の証拠になるのではないか』と考えているため、むしろ『ちゃんとした本人確認』こそサインのほうが良いのではないかと思っています。

あとがき

現在どうしてもハンコを廃止できないものに『遺書』などがあるようです。

しかし、AIの技術が進化してきているのでマイナンバーにサインの筆跡を紐づけておくなどすれば、遺書も問題なさそうな気がするな~なんていう気がしています。

ただ、仕事でハンコを押す箇所が多く『この人が作業をしたとわかればいい』というようなときは時短になるのでハンコ(シャチハタ)でもかまわないのではないでしょうか。

あとがきの内容は、あくまで素人の戯れ言としてスルーしていただければと思いますw

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「ようやくハンコをなくしていく動きがみられて嬉しい件」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。