ノートPCでOneDriveが同期しない!【原因はこれでした】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

わたくし今朝、やらかしてしまいました…

久しぶりに使ったノートPCがデスクトップPCと「OneDriveの同期がとれていない状態」で両方の端末のファイルをいじり倒してしまったんです…

同期がとれていない状態だということに気がつかないまま「いろいろと操作」した結果、午前中にまとめたブログ記事のタイトル案が消え失せてしまい、めずらしくやる気が消滅していますw

でも、ただでは転びません!w

せっかくなので、筆者がやらかしてしまった原因をココにさらし「最初にやっておくべきだったと思った設定」について書いていきます!

※筆者の端末にはWindows10がインストールされています


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • ノートPCでOneDriveが同期しない場合に最も多いと考えられる原因
  • ノートPCでOneDriveを使用するなら、まずはバッテリーセーバーモード時の設定をすべき

ノートPCでOneDriveが同期しない!【原因はこれでした】

ノートPCでOneDriveが同期しない場合のひとつの原因

ノートPCでOneDriveが同期しない場合、最も多いと考えられる原因は、「ノートPC特有のバッテリーセーバ―モード」にあります。

ノートPCでOneDriveを使うなら、あらかじめOneDriveの「バッテリーセーバーモードの設定」を確認しておいたほうがいいです↓

ノートPCでOneDriveを使用するなら、あらかじめチェックをはずしておきたい!「バッテリーセーバーモード」の設定

ノートPCでOneDriveを使用するのであれば、あらかじめOneDriveの設定で「バッテリーセーバーモード」のチェックをはずしておくといいかもしれません。

以下の手順どおりに操作すると、バッテリーセーバーモードのチェックをはずすことができます。

バッテリーセーバーモードでも同期し続けるよう設定する手順

  1. OneDriveのアイコンを右クリックする
  2. 『設定』をクリックし、Microsoft OneDriveが表示されたら一番左にある『設定』タブをクリックする
  3. 「このデバイスがバッテリーセーバーモードのときに、同期を自動的に一時停止する」のチェックをはずし『OK』をクリックする

これでバッテリーセーバーモード(バッテリーを節約するモード)になっても、ノートPCの電源が落ちないかぎり同期が停止することはありません。

スポンサーリンク

あとがき

バッテリーの調子がわるいときなどは『バッテリーセーバーモード』のチェックをはずすべきではないかもしれません。

しかし筆者は、「基本的にはチェックをはずしておいた方が無難」ではないかと考えます。

想像してみてください。

たとえば、ノートPC(Windows)の設定が「バッテリー充電が20%以下の場合バッテリーセーバーモードに切り替える」となっていたとします。

そのとき、充電が19%の状態でファイルに変更を加えると、どうなるでしょうか?

あなたがファイルに変更を加える前に、ほかのPCからファイルが更新されていた場合、バッテリー充電が20%以下のあなたのPCには更新が反映されません。

つまり、「ほかのPCからファイルが更新される前の古いファイル」に変更を加えてしまうことになります…

考えたくもないほど、ひっちゃかめっちゃかな状況ですよねw

これこそが今朝、わたしの身におこった悲劇…

しかし今回、バッテリーセーバーモードになっても同期し続けるように設定したため、これからは安心して作業に没頭することができそうです。

ともあれ、OneDrive関係なしに「バックアップは毎日とっておこう…」と痛感した事件でした。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。