Chromebook「IdeaPad Duet」のメリット・デメリット

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、Chromebookを利用していますか?

私は、数日前に初めてのChromebookを購入しました。

Chromebookを買う前は、「外出先で時間が空いたときに、サクッと使えそうだな~」などと考えていましたが、今では自宅でもガンガン使っていますw

実際に使ってみて、口コミなどでは伝わってこない「圧倒的な軽快さ」に魅了されたんです。

筆者が初めて購入したChromebook(IdeaPad Duet)は、いくつかのデメリットはあるものの、メリットのほうが圧倒的に多く感じられます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 実際にChromebook「IdeaPad Duet」を使ってみた感想
  • Chromebook「IdeaPad Duet」のメリット・デメリット
  • 低価格帯のノートPCよりもChromebookを選んだ方がいいかもしれない

Chromebook「IdeaPad Duet」のメリット・デメリット

実際にChromebook「IdeaPad Duet」を使ってみた感想

自宅でもChromebookを使用するのであれば、個人的には「もう少し大きいサイズのChromebookが理想的なのかな~」と思います。

実際、ちょっと画面から離れると「文字が見えにくくて苦労する」こともあるからです…

わたしと同じように「文章を執筆する時間」が長い人であれば、ディスプレイの大きさは少なくとも13インチ以上のChromebookを選んだほうがいいかもしれません。

なぜなら、リラックスして作業したいときには「Bluetoothキーボード」を使い、ラクな姿勢で作業することもできるので、「少し離れたところからでも、文字が見やすいディスプレイをもつChromebookを選択するのが好ましいのでは?」と考えているからです。

仮にIdeapad Duetのような「コンパクトサイズのChromebookユーザーが大きな画面で作業したいとき」は、HDMIケーブルなどでテレビやモニターと接続すれば快適な作業環境を構築することができます。

筆者も「リラックスして作業をする際は、サブディスプレイにテレビを使おう!」と考えていますが、IdeaPad Duetの場合は「標準装備のポートはUSB Type-Cが1つだけ」なので、変換ケーブルも必要になりそうです。

スポンサーリンク

Chromebook「IdeaPad Duet」のデメリット

IdeaPad Duetのデメリットは以下のとおりです。

  • キーボードにバックライトがないため、暗いところでのタイピングがしにくい(私は画面の光量を上げて対応しています)
  • 最初は操作が慣れない(ショートカットキーや、タッチして出来ることなどが「最初は」手探りでした)
  • 本体(タブレット)にカバーとキーボードを接続した状態だと、すこし重く感じる
  • 標準装備のポートはUSB Type-Cのみ

「最初は操作が慣れない」のは、Chromebook全体に言えることですねw

ただ、毎日のように使っていれば、Chromebookに慣れるまでに「それほど時間はかからない」と思います。

そのため、初めてChromebookを選ぶときは「初めてだから、お試しで…」という感覚で選ばずに、「慣れたら、メイン機として使おう!」くらいの感覚で選ぶといいかもしれません。

Chromebook「IdeaPad Duet」のメリット

IdeaPad Duetのメリットはこんな感じです。

  • ブログにかかわる作業くらいなら、余裕を感じるほどサクサク動作する(いまのところブログ以外でも、遅く感じたことはないです)
  • 同価格帯のノートPCと比較すると、圧倒的にサクサク動作する(かなり上の価格帯にあるノートPCよりもはやい?)
  • コンパクトで携帯性に優れる(私は頻繁に「軽自動車の運転席」で使用しています)
  • 起動がはやいため、すぐに作業を開始することができる(スマホを取り出して使うときの感覚に近い)
  • Androidのアプリを使うことができる(使えないアプリもあるようですが、私がDLしたものは今のところすべて使えます)
  • キーボードを外してタブレットとしても使える(電子書籍が読みやすく、寝転びながら使用できる)
  • カバーが標準装備されていて、かなりスタイリッシュなデザインにまとまっている
  • 小ぶりなわりには使いやすいキーボード(エンター付近のキーは細い形状ですが、慣れるとまったく問題ありません)
  • Windowsと同じように使えるショートカットキーが複数ある

Chromebook全体に言えることだと思いますが、個人的にはWindowsPCでよく使う「ctrl+c」や「ctrl+v」さらには「ctrl+s」などのショートカットキーが同じ感覚で使えるのが最高にうれしく、「かなりのメリットだな~」と感じています。

仮に、「ctrl+c」「ctrl+v」「ctrl+s」などのショートカットキーが使えなかったとしたら、作業効率はガツンと下がっていたことでしょう。

スポンサーリンク

低価格帯のノートPCよりもChromebookを選んだほうがいいかもしれません

3万円ほどで買った端末とは思えないくらいに、IdeaPad Duetはメイン機としてガンガン使えます。

先月までメイン機だったノートPCを今使うと、「この処理速度で、よく使っていたな…」と、強いストレスを感じてしまうほど…。

仮にあなたが、低価格帯のノートPCの購入を検討しているなら、「Chromebookのほうが圧倒的に快適ですよ!」とアドバイスしたいくらいです。

あとがき

先日、ノートPCのバッテリーが復活したばかりでしたが、IdeaPad Duetのほうが圧倒的に快適に作業できるため、ノートPCはサブ機になりました。

(動画編集用にデスクトップPCも使い始めたから、もはやサブ機というよりも「緊急用の端末」と呼ぶべきか…w)

筆者は、ふだんからクラウド上でデータを扱っているので、IdeaPad Duetからも「今まで使ってきたデータ」にアクセスすることができます。

そのため、なんの問題もなく「ノートPCからIdeaPad Duetへの乗り換え」が完了しました。

クラウドを使っていれば、スムーズに乗り換えられることも、Chromebookの良いところかもしれませんね。

ただ、私が現在メインで使っているクラウドはMicrosoftの「One Drive」なので、今後はChromebookの利便性が高くなりそうな「Google ドライブ」へデータ移行をする予定です。

なんといっても、ChromebookのOSである「Chrome OS」はGoogleが開発しているため、間違いなく相性が良い「Googleアプリ」で統一したほうが気持ちがいいですよね♪

「もともとGoogleのアプリばかり使っている」という人であれば、使い始めてすぐに「Chromebookは神ガジェットだ!」と思えるのではないでしょうか。

ともあれ、安いのに快適に動作してくれる「IdeaPad Duet」というChromebookには、かなり感謝している筆者なのでした。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

▼この記事でご紹介したもの


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。