タブレットは「サブディスプレイ化」できます【無料です】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、「手持ちのタブレットを、サブディスプレイとして使いたいな~」と思ったことはありませんか?

とくにノートPCのような小さいディスプレイだと、「画面の半分に資料を表示しつつ、残り半分の画面でテキストに執筆する」というのが、しにくい場合がありますよね。

そして、そんなときに「サブディスプレイがほしい!」と思う人は多いはず。

モバイルディスプレイを購入する手段もありますが、実は比較的カンタンに「手持ちのタブレットやテレビをサブディスプレイとして使う」ことができてしまうんです!(それもワイヤレスで)

そこで今回は、「タブレットやテレビをサブディスプレイとして使う方法」について書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • タブレットやスマホをPCのサブディスプレイとして使う方法
  • テレビやスマホも「サブディスプレイ化」できる!
  • Chromebookをホスト(メイン)端末としてサブディスプレイを使いたいときは「有線でつなぐ」または「ChromeCastを使う」方法がある

タブレットは「サブディスプレイ化」できます【無料です】

タブレットをPCのサブディスプレイとして使う方法

「タブレットを無料でPCのサブディスプレイにできるアプリ」は複数ありますが、今回は「spacedesk」というアプリを使ったサブディスプレイ化の手順をご紹介します。

ホスト(メイン)端末の設定

まずは、ホスト(メイン)端末を設定します。手順は以下のとおりです。※Windows10で設定しています

  1. spacedeskのサイトをひらき、左下の『DOWNLOAD』をクリックする
  2. 『Windows10(64-bit)』をクリックする(一般的には64bitのはずですが、32bitの場合もあります。気になる方は下記に確認方法があります)
  3. 『ファイルを保存』をクリックする
  4. ダウンロードした『spacedeskのexeファイル』をダブルクリックする
  5. しばらく待つと『Next』がクリックできるようになるので『Next』をクリックする
  6. 『I accept the terms in the License Agreement』にチェックをつけ、『Next』をクリックする
  7. 『Next』をクリックする(セットアップ先を変更したい場合は変更する)
  8. 『Next』をクリックする
  9. 『Install』をクリックする
  10. 『Finish』をクリックする

これで、ホスト(メイン)端末の設定が完了しました。

なお、bit(ビット)の確認は「設定」>「システム」>「ディスプレイ」>「詳細情報」>「システムの種類」からすることができます。

一般的には64bitですが、32bitの可能性もゼロではないので、念のため確認したほうがいいかもしれません。

▼この画面は消してしまっても大丈夫ですが、できれば『IP-Adress:』のあとに書かれている数字の羅列はおぼえておきましょう

次に、クライアント(サブディスプレイ化する)端末の設定をします。

クライアント(サブディスプレイ化する)端末の設定

  1. Androidであれば『Google Play』、iPhoneやiPadであれば『App Store』、Kindle端末であれば『Amazon』など、その端末で使えるストアで「spacedesk」と検索し、『spacedeck』アプリをインストールする
  2. 『spacedesk』アプリを起動すると、先ほどホスト(メイン)端末に表示されていた「IP-Address:~」と同じ数字の羅列が表示されるので、そこを選択(クリックまたはタップなど)する

これで、タブレットをサブディスプレイとして使うことができます。

ホスト(メイン)端末からは、いろいろな設定ができます

ホスト(メイン)端末では、「設定」>「システム」>「ディスプレイ」から、各端末の画面設定をすることができます。

ディスプレイの配置も、自由自在です。↓

サブディスプレイとして使う場合、下の方にあるマルチディスプレイの『複数ディスプレイ』は「デスクトップをこのディスプレイに拡張する」に設定しておきましょう。↓

スポンサーリンク

テレビやスマホも「サブディスプレイ化」できる!

自宅にAmazonスティックがある方は多いと思います。

実は、Amazonスティックがあれば、テレビをサブディスプレイ化することもできてしまうんです。

想像してみてください。

あなたが、「大画面テレビをサブディスプレイにして作業しているところ」を…

必要なウィンドウを開いたまま配置しておくことができて、なかなか作業が捗りそうだと思いませんか?

Amazonスティックで「spacedesk」と検索するとでてくるので、テレビのサブディスプレイ化も、試してみてくださいね!

※画面が小さいので実用的ではないかもしれませんが、spacedeskはスマホでも使えます

Chromebookでサブディスプレイを使いたいときは…

「spacedesk」アプリを使うと、Windowsやmacをホスト(メイン)として使うことはできますが、Chromebookをホスト(メイン)端末として使うことはできません。

※Chromebookをクライアント(サブディスプレイ化する)端末として使うことはできます

そのため、「Chromebookでサブディスプレイを使いたい!」という場合は、HDMIケーブルなどで物理的に他のモニター(テレビなど)と接続するか、またはChromeCastを導入する必要があります。

先日、筆者が購入したChromebook(IdeaPad Duet)のポートは、残念ながらUSB(Type-C)のポートがひとつだけなので、変換ケーブルを買い、物理的にHDMIケーブルでつないで「テレビをサブディスプレイにしよう!」と考えているところです。

2021年4月3日現在、私も「変換ケーブルはどれにしようか?」と迷っていますw

スポンサーリンク

あとがき

「spacedesk」は、端末にインストールするたびにサブディスプレイが増えていきますw

まったく使っていないタブレットなどがあれば、サブディスプレイとして復活させるのもアリですね。

また、これからモバイルディスプレイの購入を考えている方は、「Fire HD 10」も選択肢に加えておくといいかもしれません。

なぜなら、spacedeskを入れてサブディスプレイ化できるのはもちろん、タブレットとしてもコスパに優れているからです。

ちなみに、2021年4月3日現在のところ、Fire HDシリーズで唯一「フルHD」に対応しているうえに、多くの電子書籍に対して無料の「読み上げ機能」を利用することができます。

「読み上げ機能」は、電子的な音声なので「Audible」よりは聴きとりにくいかもしれませんが、慣れてしまえば十分に満足できるレベルです。

「もっと大きい画面のほうがいい!」ということでもなければ、どう考えてもFire HD 10がコスパ最強な気がしています。

ともあれ、手持ちの端末が複数あれば、サブディスプレイどころかマルチディスプレイも可能な「spacedesk」は、かなり便利なアプリではないでしょうか。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。