無印良品、焼きあがっているナンの販売を開始(5/19~)

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、無印良品の「ナン」を食べたことはありますか?

私は先月に、実は初めてMUJIのナンを食べたんですが、これがなかなかイケました!

ただ、先月までMUJIには「粉から自分でつくる」ナンしかなかったんです…

▼こちらが粉から自分でつくるMUJIの「フライパンでつくるナン」

自分でつくるナンも、楽しんでつくる分には良いんですが、「つくる時間がもったいない」と感じることも多いかと。

そんななか、2021年5月19日からは、最初から焼きあがっているナンの販売が開始されています。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

無印良品、焼きあがっているナンの販売を開始(5/19~)

従来の「自分で焼くナン」も、時間に余裕があるときにはオススメ

従来の「自分で焼くナン」は、実際につくってみると、「説明書きの時間よりも、生地をこねる時間を長くとる必要があるんじゃないか?」と感じました。

単純に、なかなか生地がまとまらないからです。

おそらく、私がこねるスピードが遅いからだとは思いますが、2倍ほど時間がかかりました。

(たしか説明書きでは5分のところ、10分くらいかかりましたw)

しかし、時間に余裕がある日だったので、そんなことすら「楽しんでつくる」ことができたんです。

完成したナンを食べると、「本格的なお店で食べるナンと比較しても、遜色ないクオリティーだな~」と感じるほど、おいしくできました。

妻も「おいしいね!」と言ってくれたこともあり、「満足度の高い商品だな~」と実感しています。

忙しいときであっても、集中力が途切れたタイミングで、気分転換にナンをつくるというのもいいかもしれません。

※無印良品のバターチキンカレーにつけて食べました

新商品のナンにも期待しているところです

新商品のほうのナンは、まだ食べることができていない筆者ですが、従来のナン以上のクオリティーだとしたら間違いなく「買い」です。

プレスリリースにも、以下のように書いてあったので、めちゃくちゃ期待しています。

現地の作り方をお手本に、一枚ずつ手でのばして、高温で一気に焼き上げました。

無印良品 ナン 新商品発売のお知らせ|株式会社良品計画のプレスリリース より引用

あとがき

「MUJIのナンはおいしい!」と知った翌月に、自分でつくらなくてもいいナンが登場して驚いています。

自分でこねたナンのおいしさを味わうのもいいですが、新商品のナンは「すぐに食べられる」ところが最高ですよね。

…と思うのと同時に、「1回つくっただけで、もう自分でナンをつくる機会はないかもしれないな~」と考えると、ちょっと寂しさもあったりしますw

ともあれ、「ナンが食べたくなったら、いまのところはMUJIだな~」と思う、今日この頃です。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。