プラントベースフードとは【植物性の食材からなる食品です】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、プラントベースフードをご存知ですか?

私は、先日にキユーピー(キューピーマヨネーズで有名な会社)が、「HOBOTAMA(ほぼたま)というプラントベースフードを開発した」というニュースを見て知りました。

※HOBOTAMAは、豆乳加工品をベースに開発された「スクランブルエッグのような見た目と食感」を再現したプラントベースフードです

そこで今回は、プラントベースフードについて書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • プラントベースフードとは
  • 身近に感じるプラントベースフードは「大豆肉」

プラントベースフードとは【植物性の食材からなる食品です】

プラントベースフードとは

プラントベースフードは、その名のとおりプラントベース(植物由来)のフード(食べ物)のことを指します。

プラントベースフードの定義

すべてが植物性由来の原料から作られた食品はもちろんですが、ほとんどの部分が植物由来原料から作られた食品もプラントベースフードになります。

ただし、大部分が植物由来の原料であったとしても、肉や魚のエキス類が入っているものはプラントベースフードに含まれません。

プラントベースフードとヴィーガンフードとのちがい

「動物性を含まない」という点が一致しますが、プラントベースフードとヴィーガンフードは異なるものです。

個人的には、ヴィーガン寄りの考え方とはいえ、「環境保護」も共通の考え方といえるのではないかと思いました。

結局は、むやみに動物を殺さないことにつながるからです。

「プラントベースフード」「ヴィーガンフード」の考え方

プラントベースフード 植物を積極的に摂取する
ヴィーガンフード 動物をなるべく摂取しない

プラントベースフードは「健康増進」にフォーカスしていますが、ヴィーガンフードは「動物愛護」や「宗教の教養」にフォーカスを当てている考え方になります。

最も身近なプラントベースフード

筆者が「プラントベースフード」という言葉を知るまでの間も、プラントベースフードはガンガン増えていました…

そんななか、いま筆者が最も身近に感じるのは、「大豆肉」です。

大豆肉は、いまやハンバーガーショップでも使われていますし、スーパでも「まるでお肉!〜」など、大豆肉が使用されている商品をよく見かけるようになりました。

大豆肉の商品は、低カロリーでヘルシーなものが多いため、本気ダイエット中である筆者の強い味方です。

あとがき

この記事を執筆するにあたって、プラントベースフードについて調査していたところ、まさかのアレまでプラントベースフードになっていることを知りました。

それは…なんとカップラーメン!

IKEAでは、「PLANT RAMEN」というプラントベースのカップ麺が販売されているようですw

味が気になって仕方がないので、次回IKEAに行った際は、必ずゲットしたいと考えています。

ともあれ、各社さらに開発が加速していくであろうプラントベースフード。

今後どんな商品が開発されていくのか、とても楽しみですね。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。