マクロ管理ダイエットとは

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、”マクロ管理ダイエット” をご存じですか?

私は、これまで数多くのダイエットを試してきて「結局のところダイエットを成功させるためには、”カロリーコントロールと運動しかない”」と、いろいろなダイエットをしてみて感じていました。

そんななか、マッチョ社長ことTeststeroneさんの “筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方” という本を読み、「私の考え方は正しかったんだな~」と、答え合わせができたんです。

※この記事は、およそ1分で読むことができます

マクロ管理ダイエットとは

マクロ管理して食事をとることが、”最強の食べ方”

性別・身長・体重・年齢・活動量・減量や増量などの目的別に、1日に摂取すべきカロリーとマクロバランスを導き出し、これに従って食事をするメソッドのことを “マクロ管理法” といいます。

※マクロ管理の計算は、こちらのサイトでサクッとできます

▶WEB版マクロ栄養計算機

巷には「~をするだけで痩せる!」などというあり得ないダイエット法がありますが、この世は等価交換が原則なので、そんなうまい話があるわけがありません。

ではなぜ、マクロ管理法がオススメなのでしょうか。

マクロ管理法をオススメしたい理由3つ

マクロ管理法をオススメしたい理由は、以下の3つになります。

①わかりやすいから継続しやすい

マクロ管理法に基づくダイエットをしようと思っても、ほかのダイエットと同じようにカンタンにできるわけではないと思います。

しかし、最初はカンタンでないとしても、はじめて1ヶ月ほど続けることができれば、そのあとは継続しやすいはずです。

なぜなら、以下のサイトで算出されたとおりの「タンパク質」「炭水化物」「脂質」のカロリーを毎日とるだけだからです。

「昨日食べ過ぎたから、今日はあまり食べないでおこう…」みたいな調整はしなくていい。

食べ過ぎた翌日も、摂取するカロリーを変える必要はありません。

ただ、自分の体重は変化していくため、マクロバランスの計算は1ヶ月おきにしたほうがよさそうです。

②健康的に痩せることができる

1日に必要な三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)をマクロ栄養素と呼びます。

つまり、マクロ管理法をつかってダイエットをすると、必要な栄養をちゃんと摂取しながら痩せることができるんです。

残念ながら、健康的に痩せることができないダイエット法をつかって減量をはじめてしまうと、継続性はありません。

「せっかく痩せたのにリバウンドしちゃった!」という未来は目に見えています…

③日本人にとっては “炭水化物抜きダイエット” より、よほど現実的

炭水化物を抜くダイエットが流行っています。

筆者も、炭水化物抜きダイエットをしたことがあり、実際に減量に成功しました。

…が、1年もすればリバウンドし、数年後には減量前よりも悲惨な体重になってしまったんです。

なぜなら、ダイエットが成功すると結局はラーメンや白米などの炭水化物をとるようになったからです。

炭水化物にあふれている日本において、”一生炭水化物をとらない” なんてことができるのは、一握りの人だけではないでしょうか。

そんな鋼のような意志の持ち主なら、炭水化物ダイエットもいいかもしれません。

しかし、大多数の人にとっては “無理ゲー” はなず。

日本人にとっては、(慣れるまでは辛くとも)炭水化物を食べてもいい “マクロ管理ダイエット” のほうが、現実的なんです。

“痩せたあとのこと” まで考えると、マクロ管理ダイエット一択ではないでしょうか。

あとがき

「これだけやれば痩せる!」みたいなインチキなダイエット法に、あなたの時間を投資する価値はないはず。

確実に減量したいのであれば、慣れるまでは辛いと理解したうえで、現実的なマクロ管理法をとりいれるべきではないでしょうか。

ともあれ、「断言してもいいが、これは君の “最後のダイエット” になるはずだ」という冒頭の一文が、じつに心強いTeststeroneさん著の “筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方” は、これからダイエットをはじめる人はもちろん、「ダイエットを試みてきたものの、成功したことがない」というあなたにオススメな一冊です。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

▼この記事でご紹介した本


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。