換気が睡眠の質を高めます【体に酸素を取り込みましょう!】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、自信をもって「私の睡眠の質は高い!」と言い切れますか?

睡眠の質の高さを決めるのは、あくまでも自分自身です。

起床したときに「よく眠れた!」とスッキリした感覚があれば、睡眠の質が高いと言えます。

しかし、コロナ禍で生活のリズムが乱れ、睡眠の質が下がっている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、睡眠の質を高めるために重要な「寝室の換気」について書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 睡眠の質を高めるには、寝るときに「寝室の換気」をすることが重要

換気が睡眠の質を高めます【体に酸素を取り込みましょう!】

寝るときに「寝室の換気」をしましょう!

「起床したとき、窓を開けて換気をする」という人は多いと思います。

朝、窓を開けて太陽の光を浴びると、セロトニンによって体内時計がリセットされるため、素晴らしいことです。

そして、「カラダに十分な酸素が供給され」、頭の働きも良くなるでしょう。

しかし、あなたは「寝るとき」に窓を開けて換気をしたことがありますか?

ここまで読むと、カンの良いあなたは、既に理解できたはずです。

そうなんです。

「酸素」をカラダに供給せずに、睡眠の質が高まるわけがありません。

そもそも、人間が眠くなったときに「あくび」をするのは、大量の「酸素」を必要としているからです。

想像してみてください。

あなたが眠る部屋いっぱいに、充満している酸素を。

「これなら、ぐっすり眠れるかもしれない」と思いませんか?

筆者は利用したことはありませんが、アスリートが「酸素カプセル」に入ったとき、短時間で回復するのも同じことでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

よく換気された環境で眠りにつき、朝を迎えたとき、「ちょっと寝ただけなのに、なぜか疲労感が少ないな~」と感じた経験はありませんか?

筆者は、「換気が睡眠の質を高める」ということを知ったとき、すぐにキャンプでの短時間睡眠を思い出しました。

キャンプは楽しいので、遅くまで起きていることが多くなりがち。

結果的に睡眠時間が、かなり削られてしまうんですよね…

しかし、寝る場所の換気状態が「睡眠の質」に大きく影響することを痛感できたので、よしとしますw

あなたも、就寝前に「寝室の換気」をしてみてはいかがでしょうか。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。