ポケットに入る小さな水筒『ポケトル』は、おすすめサイズ!

こんにちは、やつおです。

あなたは、いつもどんなステンレスボトル(水筒)を持ち歩いていますか?

わたしは、持ち歩かなくなってしまいました。

結局、荷物として「かさばる」し、それなりに「重さ」があるので、暑い日以外は、車の中に置くようになってしまっています。

結果として、外出中は、あまりかさばらず、そこまで重くない小さめのペットボトルを買ったりしています。

せっかく、ステンレスボトルを持っているのに、持ち歩く気がなくなっているという悲しい事実。

ちょっと、ストレスですよね。

そんなモヤモヤな気分を吹っ飛ばしてくれる、画期的なアイテムを、東急ハンズさんが開発してくれたみたいです!

なお、ソースは最近届いた「東急ハンズ」さんからのDMです。

ポケットに入る小さな水筒『ポケトル』は、おすすめサイズ!

とにかく、かさばらない!

▼こちらが『ポケトル』です。長期間使用した結果としては、ポケットに入れるのはあまりおすすめしません。『専用カバーセット』を購入することをおすすめします。(2020/3/10追記)

飲み物を持ち歩くことができる「水筒」。

でも、カバンに持ち歩くスペースがない人もいるんじゃないかと思います。

特に、女性なんかは、小ぶりのカバンだったりすると、よけい入らない。

けど、この「ポケトル」なら、ほぼ大丈夫な気がします。

しかも、私服ならポケットにつっこんでしまってもOK。

※ポケットに入れるとかなり膨らむので筆者はおすすめしていません

暑い日じゃなければ、コレでじゅうぶん!?

正直なところ、さすがに真夏日とかはムリですかね~

それなりに大きさがないと、わたしはしんどいかもw

なので、夏は熱中症対策のためにも、大きめサイズの水筒が活躍しそうです。

持っているものが役立つので、それはそれでうれしいw

ただ、ほんとうに夏以外は「ポケトル」くらいのサイズでじゅうぶんですね。

冬などは『外出先ではのどを潤す程度』にしか水筒は使わないので。

どんな人にニーズがあるのか?

DMの中には、具体的なニーズについても書かれていました。

持病をもっている

持病をもっている方は、常備薬を持ち歩きます。

そこで、外出中に、あまり飲み物をのまない人でも、薬を飲むときに手軽な容量というわけです。

たしかに、この用途であれば、カブガブ飲む必要ないですよね!

オフィスなどで飲み物をつぎ足せる

いまどきは、オフィスにウォーターサーバーがある会社も多いと思います。

水に限ったことではありませんが、水筒に「つぎ足せる」環境が身近にある人なら、よけいに大きいサイズのボトルを持ち歩く必要はありませんよね!

なくなったら補充すればいいだけの話ですからw

ミニマリストにも!

コレはDMに書かれている内容ではなく、個人的に思いました。

あたりまえですが、あまり多くモノを持ち歩きたくない「ミニマリスト」の方々にも、最適なサイズですよね!

関連グッズもでてきてる!

ポケトル ボトルカバー カラビナ付 各700円+税

ショルダー付 各800円+税

小さいお子さんに持たせても、かわいらしくなりそうです!

あとがき

開発者の方は、発売するまで、「ニーズがないからそのサイズ(120ml)のものが出回ってないんだ」とか言われたりして、大変だったそうです。

でも、DMを見ただけで「コレ買う!」と決めた私みたいな人、多いと思うんですよね~

実際に販売してみると、年間5万本の売り上げ目標に対して、発売4カ月の時点で、目標の10倍となる50万本以上の売り上げになりそうだとか。

みんな買ってる!w

もちろん、わたしも買いました!

なんか、コレを持っている人に、勝手に仲間意識が芽生えてしまいますw

以上、「ポケットに入る小さな水筒『ポケトル』は、おすすめサイズ!」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。