Redirectionプラグインで301リダイレクト【WordPress】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、301リダイレクトをおこなっていますか?

私はいろいろと小難しいのではないかと敬遠してきましたが、先日WordPressであれば『Redirection』プラグインで簡単に301リダイレクトを設定することができることを知りました。

さっそくRedirectionプラグインをインストールして実際に使ってみたところ、めちゃくちゃカンタンに301リダイレクトを設定することができました!

ちなみに『301リダイレクト』をしないとGoogleからの評価が低くなり、検索順位が下がってしまうということもあるようです。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 301リダイレクトとは
  • Redirectionプラグインで301リダイレクトをおこなう方法【手順】

Redirectionプラグインで301リダイレクト【WordPress】

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、『新しいURLへ転送する設定』のことを指します。

この説明だけではよくわからないと思うので、まずは『単にページのURLだけを変更した場合』どのようになるのかを見て行きましょう。

単にページのURLを変更するだけでは、このような問題があります

今まで設定された内部リンク・外部リンクから該当ページにアクセスできなくなる

リンク先のURLが変更されてしまうため、リンクをクリック(またはタップ)しても該当のページに飛ばなくなります。

これでは、読者は目的のページを閲覧することができなくて困ってしまいます。

Googleからの評価を引き継ぐことができない

仮に変更前のURLが上位表示されていた場合は、検索順位が落ちてしまう可能性が高くなります。

なので、検索エンジンに「URLの変更をしたよ!」とURLの変更を伝える必要があるんです。

301リダイレクトをおこなうとURLの変更に伴う問題が解決する

301リダイレクトをおこなうと、URLの変更に伴う問題が解決します。

今まで設定された内部リンク・外部リンクからも該当ページにアクセスできるようになる

301リダイレクトの設定をおこなうと、変更前のURLにアクセスがあった場合に新しいページへ転送(読者を自動的に新しいページに飛ばす)されます。

実際の日常生活におきかえて考えると、こんな感じです。

  • あなたが引越したことを知らない知人から、前の住所に郵便物が送られた。郵便局はあなたが提出した住所変更届に従って新しい住所に転送した。

ふつう引越したら郵便局へ住所変更届を提出しますよね?

そんな郵便局に対しておこなう『住所変更の手続き』みたいなことをインターネット上の住所であるURLでもするわけです。

ようするに『変更前のURLに来た読者を新しいURLへ瞬時に連れてきてくれる』のが301リダイレクトということになります。

Googleからの評価を引き継ぐ

301リダイレクトの設定をおこなうと、変更前のURLがGoogleから受けていた評価(検索順位)をそのまま新しいURLへ引き継ぐことができます。

ただし、もともと評価が低いページに301リダイレクトをおこなうと『低い評価を引き継いでしまう』ため、不要な301リダイレクトはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

Redirectionプラグインで301リダイレクトをおこなう方法【手順】

ここでは、Redirectionプラグインを使用して『301リダイレクトを簡単に設定する方法』について解説していきます。

以下の手順どおりに操作すると、Redirectionプラグインを使用した301リダイレクトの設定をマスターすることができます。

  1. WordPressをひらき、画面左側の『プラグイン』から『新規追加』をクリックする
  2. 『プラグインを追加』画面の右上にあるキーワード欄に『Redirection』と入力する
  3. 『Redirection』プラグインが表示されるので、今すぐ『インストール』をクリックする
  4. 『Redirection』プラグインを『有効化』する
  5. WordPress左側の『ツール』から『Redirection』をクリックする
  6. 『転送ルール』の画面が表示されるので、下へスクロールする
  7. 『新しい転送ルールを追加』の『ソースURL』に変更前のURLを入力、『ターゲットURL』に新しいURLを入力し『転送ルールを追加』をクリックする

これで、Redirectionプラグインを使用した301リダイレクトの設定は完了です。

おつかれさまでした!

あとがき

ブログを運営していると同じような記事を投稿したいときもあると思います。

そんなときにも、今回ご紹介した301リダイレクトを設定しておくと安心です。

なぜなら、過去に書いた記事の評価が新しい記事に引き継がれるからです。

逆にほとんど同じような内容の記事なのに301リダイレクトをおこなわなければ、『キーワードがバッティングしてしまい、記事を量産するにつれてアクセスが減る』こともあり得ます。

そんなことにならないよう、うまく301リダイレクトを設定していきたいものですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「Redirectionプラグインで301リダイレクト【WordPress】」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。