伊藤ハムの「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」がおいしい

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、「大豆を肉のように加工した食品」を食べたことがありますか?

私はこれまで、いくつかの大豆肉を食べたことがありますが、どれも「大豆感が残っていてイマイチ」でした。

しかし、先日に伊藤ハムの「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」を食べたときに大豆肉の印象がガラリと変わったんです。

食感は「完璧に肉だ!」とは言えないものの、味はちゃんと「からあげ」で、個人的には「はじめて大豆肉で合格ラインを超えたな!」と思いました。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • いままで食べた大豆肉よりも肉に近かった
  • 「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」と「本物の鶏のから揚げ」の100gあたりの栄養成分

伊藤ハムの「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」がおいしい

いままで食べた大豆肉よりも肉に近かった

本物と比較すると食感には多少の違和感がありますが、味はしっかりと「からあげ」でした。

おそらく健康面に気を使っている方が購入する商品だと思うので、これをやっては元も子もないかもしれませんが、仮にマヨネーズをかけたら「本物か大豆肉かわからない」という人もいるかもしれません。

筆者は「ギリギリわかるんじゃないかな~」とは思いますがw

スポンサーリンク

100gあたりの栄養成分を本物のからあげと比較してみた

パッケージ裏の栄養成分表示(100g当たり)と、本物の鶏のからあげ(100g当たり)の栄養成分を比較すると以下のとおりです。

まるでお肉!大豆ミートのからあげ 鶏のからあげ
熱量 239kcal 303kcal
たんぱく質 11.3g 13.8g
脂質 12.3g 24.52g
コレステロール 1mg 140mg
炭水化物 20.7g 3.92g
食塩相当量 1.9g 1.21g

鶏のからあげについては、「カロリーSlism」を参考にしています。

※鶏のからあげのコレステロール含有量のみ「日本食品標準成分表」の鶏肉を参考にしました

なお、本物のから揚げだと「3つほどで100g」になるようです。

本物のから揚げも「衣のつけ方」や「揚げ方」「皮の処理」「調味料」などでカロリーが変動します。

ちなみに、コンビニのから揚げ商品は1個あたり70~90kcal前後です。

あとがき

本記事を執筆するうえで「コレステロール値」についてざっくり調べましたが、単純に「食品に含まれるコレステロール値が低ければいい」というわけではないようです。

そのため、「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」と「鶏のからあげ」のどちらが健康的な食品か?という点については断言しかねます。

しかし、単純に比較したデータを見るとコレステロール値に関してはなんと「約140倍」もの差があるのは事実です。

あくまでも筆者の個人的な感覚にはなりますが、「ふつうに鶏のから揚げを食べるよりはカラダによさそうだな~」とは感じました。

また、このまま世界の人口が増えていくと「数十年後には食料の枯渇がすすむ」ことも考えられます。

今後はますます、「大豆肉をおいしく食べることのできる技術」が必要不可欠になっていくかもしれませんね。

ともあれ、伊藤ハムの「まるでお肉!大豆ミートのからあげ」は、とても美味しくいただくことができました!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。