大森屋の「塩糀のり」で、おにぎりがおいしくなります

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、おにぎりをつくるとき、どんな “のり” を使っていますか?

そんな質問をすると、「どんな “のり” って、おにぎり用の “のり” に決まっているでしょう」と怒られてしまいそうです。

しかし、大森屋の『塩糀のり』を使ったおにぎりを食べると、「いままで使っていた “のり” は何だったんだ!?」となりますよ~

※この記事は、およそ1分で読めます

大森屋の「塩糀のり」で、おにぎりがおいしくなります

塩糀をまとった風味がたまらない!

これまでは、“のり” に違いを感じたことは、日本の “のり” と韓国の “のり” くらいでした。

(日本の “のり” と、韓国の “のり” って、塩分と食感がぜんぜん違いますよね)

…が、妻が「これ、おいしいんだよ~」と思い出したかのように購入した大森屋の『塩糀のり』は、日本の “のり” なのに、その他の ”のり” とはあきらかに違ったんです。

商品名のとおり、塩糀をまとった風味がたまらないことはもちろんですが、食感もしっかりしてます。

ただ、食感がしっかりしてる=厚みがあるのか、なかなかおにぎりにフィットしません笑。↓

スポンサーリンク

あとがき

大森屋の『塩糀のり』は、一般的な “のり” よりも比較的に高価なんですよね~

しかし、いちど大森屋の『塩糀のり』を使ったおにぎりを食べると、ほかの “のり” には戻れません…

「おいしい “のり” が食べてみたい!」というあなたは、いちどお試しあれ。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。