まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学を読んだ感想

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、自己啓発の父と呼ばれる精神科医・心理学者の「アドラー」をご存知でしょうか?

私は、アドラーという名前は知っていたものの、こむずかしそうなイメージがあり、アドラーに関する書籍を読んだことはありませんでした…

しかし、そんな私でも「マンガなら」と、読む気になれたのが「まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学」です。

そこで今回は、「まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学」を読んだ感想を書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 劣等感と優越感は表裏一体
  • 人生の課題に取り組む2つの態度
  • 他者の期待を満たすために、生きてはいけない
  • 不完全である勇気

まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学を読んだ感想

劣等感と優越感は表裏一体

たとえば兄弟では、弟のほうがあとから生まれているので、体力が劣っていることがほとんどです。

それなのに、弟の目線では「兄に負けている…」という劣等感があることも。

この劣等感は、「客観的な劣等性」ではなく、「主観的な劣等感」と呼ばれます。

仕事においても、先輩や上司に対して「主観的な劣等感」をもち、悶々とする人も多いです。

この劣等感をカバーしようと、自分よりも劣っている人を見つけて「優越感」を満たそうとするため、「劣等感と優越感は表裏一体」ということになります。

アドラー心理学では「劣等感や優越感にとらわれる次元からの脱却」を提唱しているんです。

よく考えれば、たしかに劣等感と優越感のバランスをとろうとするのって、時間の無駄なような気がしますよね。

そんなことにパワーを使っている暇があれば、「自分が熱狂できるなにか」を見つけて圧倒的に取り組んでいたほうが、はるかに有意義だと思いました。

人生の課題に取り組む2つの態度

人生の課題(ライフ・タスク)に取り組む態度は、2つに大別することができます。

「有益な側面」に向かう態度と、「無益な側面」に向かう態度です。

有益な側面に向かう態度

  • 適切な行動
  • 高い共同体感覚
  • 勇気
  • 挑戦する力

などであり、「積極的対処」「能動的」「主体的な態度」を指します。

無益な側面に向かう態度

  • 不適切な行動
  • 低い共同体感覚
  • 勇気の減少
  • 劣等感や優越感へのとらわれ

などであり、「消極的対処」「受動的態度」を指します。

残念ながら、わたしを含む日本の人々に対するイメージは圧倒的に「消極的で受動的な態度をとりがちな人々」です。

そのため、筆者を含めて「日本人こそ、アドラー心理学を学ぶべきかもしれないな~」と感じています。

個人的には、海外の人たちに対しては「とても積極的かつ主体的」なイメージを持っているので、「私も見習わなければ…」と思いました。

なぜなら、2つの態度を比較すると、私にとっては圧倒的に「有益な側面に向かう態度」をとれる人のほうが魅力的だからです。

他者の期待を満たすために、生きてはいけない

人はいろいろな責任を背負って生きていますが、「責任を担うべきかどうかを、いつも選択しているのは自分自身である」ということを忘れてはいけません。

とくに日本でありがちだと感じるのが、「責任感が強い人が、どんどん仕事を押し付けられてしまうパターン」です。

おそらく、日本でメンタルが病んでしまっている多くの人は、このパターンに当てはまるのではないでしょうか。

責任感を持つことは悪いことではありませんが、最終的に潰れてしまうのは自分自身です。

「逃れられない責任」や「しなければならないこと」と考えてしまいがちですが、ほんとうに「自分がやらなければいけないこと」なのか、時には立ち止まって考えてみるといいかもしれません。

他者の期待を満たす人生ではなく、自分や自分のまわりの人たち(家族など)のために生きたいものですね。

※ボランティアなどで、社会貢献するのは素晴らしいことだと考えています

不完全である勇気

「不完全である勇気」は、アドラー心理学において重要な概念です。

たとえば、わたしが「ブログ記事を書く」ことに対して「不完全である勇気」を持たなければ、「細部が気になり、文章や画像など、あらゆる部分の修正に何時間もかけるようになる」でしょう。

最悪の場合、「1ヶ月たっても1つの記事すら投稿できない」という状況になってしまう可能性も、十分にあり得ると思います。

わたしは精神科医 樺沢紫苑先生の教えに従い、「100%のクオリティを目指さない」からこそ、毎日のようにブログ記事を投稿できているわけです。

あなたが、なにかを「継続することができない!」と悩んでいるのであれば、もっとも重要なことは「不完全である勇気」を持つことかもしれません。

「この世に完全な人間など存在しない」ということを忘れないようにしましょう。

あとがき

まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学」では、上記の内容のほかにも、たくさんのアドラーの教えを知ることができます。

「幸せとは、富や名声、権力といったものではなく、豊かな人間関係を築くことで、初めて生まれるものである」という「共同体感覚」の考え方もそのうちの一つです。

「個人の自立を求める一方で、人とのかかわりも求めるというバランスの良さ」がアドラー心理学にはあります。

ともあれ、マンガだとサッと読み切ることができ、視覚的にも内容が入ってきやすいですね。

※先月に読んだ「マンガでよくわかる自分を操る超集中力」が、「自己啓発本のマンガ版っていいかも!」と思ったきっかけになりました

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

▼この記事でご紹介した本


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。