イオンモール川口6月8日オープン!従来のモールとの違いとは

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

イオンモールは、もはや「日本で生活している多くの人が利用したことがある」といっても、過言ではないと思います。

そんなイオンモールですが、このたび埼玉県川口市に6月8日、新たなイオンモールがオープンします。

「イオンモール川口」は、どうやら今までのイオンモールとは、すこし違うところもあるようです。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 「世界的な新型コロナウイルス対策への評価」を取得している
  • ほかのイオンモールでは見かけないショップも入っている
  • イオンモールでよく見かける「無印良品」も、新たなサービスを提供

イオンモール川口6月8日オープン!従来のモールとの違いとは

「世界的な新型コロナウイルス対策への評価」を取得している

イオンモール川口は、世界的な新型コロナウイルス対策に対しての評価である「WELL Health-Safety Rating」を取得しています。

今後は「WELL Health-Safety Rating」を取得する施設が多くなると予想されますが、しばらくのあいだ「安心して買い物ができる」ということにおいては、他の商業施設とは一線を画す施設になるかもしれません。

お客さんだけでなく、従業員も「安心して働ける環境」といえるのではないでしょうか。

とはいえ、感染防止には「施設を利用する人の心構え」が最も重要だと思います。

マスクやメガネの着用はもちろん、食事中も「会話をするときはマスクをつける」ことを徹底しましょう。

なお、イオンシネマ(映画館)では、すべてのスクリーンに大型空調用ウイルス対策システムである「トレイン・トリプルエアシールド」が採用されています。

ほかのイオンモールでは見かけないショップも入っている

ほかのイオンモールでは、なかなか見かけない老舗アウトドアブランドの「ogawa」や、埼玉初出店の「葵製麺」「広島お好み焼 ちんちくりん」などがテナントに入っているところも魅力ですね。

単純に、初めてお目にかかるお店が多ければ多いほど、「見ごたえ」や「食べごたえ」がプラスされると思います。

個人的にはキャンプが好きなので、「ogawa GRAND Iodge 川口」の店内を見てまわるのが楽しみです。

イオンモールでよく見かける「無印良品」も、新たなサービスを提供

イオンモールではよく見かける「無印良品」ですが、イオンモール川口のMUJIは一味ちがう模様です。

イートインスペースでは、無印良品で購入できるレトルトカレーでは「再現できなかった味」を提供するとのこと。

そんなカレーも気になりますが、私は読書スペース「MUJI BOOKS」の100円コーヒーも気になります。

「MUJIならではの、あの落ち着いた空間で本を読むのも、いいかもしれないな~」と考えているところです。

あとがき

イオンといえば、筆者はイオンレイクタウンに行くことが多いです。

レイクタウンは全国最大規模のモールなので、イオンモール川口は「敷地面積としては、そんなに広くはないな~」と感じます。

しかし、心配性の筆者としては「新型コロナ対策」がバッチリなイオンモール川口には、魅力を感じざるを得ません。

なんとなくイメージはできるものの、やはり「初の本格的なスマートストアというのは、どんな利用感なのか」というところにも、すこし興味があります。

とはいえ筆者は、人が多く押し寄せることが予想されるオープン時期は華麗にスルーして、人の流れが落ちついてからイオンモール川口を楽しみたいと考えているところです。

たとえ対策が万全であっても、圧倒的な「密」が生まれてしまうと、危険性は高まると考えているからです。

そのため、筆者は「人の流れがおさまるまでは、今までどおりレイクタウンを利用しておこうかな~」と考えています。

オープン直後にでも、イオンモール川口へ行きたい気持ちを抑えて…w

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

▶イオンモール川口公式ホームページをチェックする


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。