無印良品のナン2種類を、ざっくり比較しました

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、無印良品の「ナン」を食べたことはありますか?

私は、以前に手作りするタイプのナンを食べましたが、新たに登場した「最初から焼きあがっているタイプのナン」は、今回初めて食べました。

そこで今回は、「手作りするタイプのナン」と「最初から焼きあがっているタイプのナン」を比較していきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 比較すると、筆者は「手作りするタイプのナン」のほうが好み
  • カレーをつける以外の、おいしい食べかた

無印良品のナン2種類を、ざっくり比較しました

「手作りするタイプのナン」と「最初から焼きあがっているタイプのナン」を、比較すると…

結論、筆者は新しくラインナップされた「最初から焼きあがっているタイプのナン」よりも、「手作りするタイプ」のナンのほうが好みです。

理由は、その場で焼きあげたほうが本格的に仕上がる(とくに食感)ことと、やはり自分で作った方が楽しさもあり、おいしく感じるからです。

ただ、「最初から焼きあがっているタイプのナン」も、サッと食べたいときには、とても便利だと思います。

カレーをつける以外の、おいしい食べかた

ナンといえば、「カレーにつけて食べる」というイメージがある人が多いはずです。

しかし、カレーにつける以外にも、こんな食べ方はどうでしょうか?↓

▼これを…

▼こう!(あ、バターチキンカレーは関係ありませんw)

これは焼きあがっているナンでつくりましたが、チーズがトロトロで、とても美味しかったですよ!

あとがき

本文では、「手作りするタイプのナンのほうが好き」と主張してきましたが、MUJIのナンは、どちらのタイプもクオリティーが高いと思います。

なぜなら、筆者はスーパーで市販されているナンに対しては、「また食べたいな!」と、感じたことがなかったからです。

その点、MUJIのナンは、どちらも「また食べたい!」と強く思えるレベル。

なんだかんだ、手軽にサッと食べたいときもあるうえに、賞味期限も長めなので「最初から焼きあがっているナン」も、とても便利なんですよね~。

自宅に常備(ローリングストック)しておきたくなる商品が、また増えました…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。