スタートアップとベンチャーのちがいとは?【革新性の有無】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、「スタートアップ企業」と「ベンチャー企業」のちがいをご存知でしょうか。

結論、明確な区別はないものの “革新性の有無” が、スタートアップとベンチャーのちがいといえます。

※この記事は、およそ1分で読むことができます


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • スタートアップは「新しいビジネスモデルを開発」し、急激な成長を目指す企業
  • ベンチャーは「既存のビジネスモデルをベースに展開」し、長期的な成長を目指す企業

スタートアップとベンチャーのちがいとは?【革新性の有無】

スタートアップ企業は「新しいビジネスモデルを開発」し、急激な成長を目指している企業

スタートアップは、”新しいビジネスモデルを開発し、世の中を変えることを目指す” 企業です。

“急激な成長を目指す” という特徴もあいまって、スタートアップには、”とても挑戦的” なイメージ があります。

なお、有名なスタートアップ企業としてはGoogleやFacebookなどが挙げられます。

ベンチャー企業は「既存のビジネスモデルをベースに展開」し、長期的な成長を目指している企業

ベンチャーは、”ある程度は市場で受け入れられると確信できる事業をおこない、安定した収益と長期的な成長を目指す” 企業です。

既存のビジネスモデルをベースに事業を展開します。

ベンチャーには、”挑戦的だけど、無難に置きにいく” ようなイメージがあります。

なお、有名なベンチャー企業としてはサイバーエージェントやEXIDEAなどが挙げられます。

あとがき

日本においては、スタートアップの成功例はまだまだ少ないですが、人々に大きな影響を与える仕事はとても “やりがい” があって楽しそうです。

「日本にも、生活が一変するくらい革新的なサービスを提供するスタートアップが誕生するかな?」と考えるとワクワクします。

スタートアップが国内で増えると、イキイキと働く人が増えたり、日本が豊かになったりと、”いいことだらけ” な気がするからです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。