クラウドサインとは【オンラインで締結する電子契約です】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、「起業したものの、お客さんと契約するまでには時間がかかるし、コストもかさむなぁ~」と思ったことはありませんか?

いまは、わざわざ現地で契約書を交わさなくてもよく、”オンラインで契約が完結する” サービスがあるんです!

そこで今回は、オンライン契約の「クラウドサイン」をご紹介していきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 脱ハンコ社会に企業が導入すべきサービス
  • 緊急性の高い契約が、当日中に締結できる可能性も
  • クラウドサインを利用する際に注意すべきこと

クラウドサインとは【オンラインで締結する電子契約です】

脱ハンコ社会に導入したいサービス

脱ハンコ社会の流れとなり、ハンコのかわりにサインをすることが多くなっています。

そんななか、いま注目したいのがクラウドサインの『適法性のある電子契約書※』です。

※官公庁がクラウドサインの適法性を認めており、すでに数多くの企業が導入しています。↓

  • トヨタ自動車
  • 東京海上日動
  • リクルート

など15万社以上

「せっかくハンコがなくなって、スピード感のある業務が実現できるなら、契約関連も手早く済ませたい…」

そんな企業の想いを汲み取った、素晴らしいサービスではないでしょうか。

まさに “脱ハンコ社会に導入したいサービス” ですね。

緊急性の高い契約が、当日中に締結できる可能性も

たとえIT業界であっても、いまだに紙ベースでの契約をしている会社も多いです。紙ベースでのやりとりは、往々にして時間がかかってしまう…

すぐに契約を締結したいケースにおいて、これはめちゃくちゃストレスがかかるはずです。

契約業務に時間がかかれば、そのぶんマンパワーも削られてしまいます。

その点、オンライン契約のクラウドサインを利用すれば「契約までの時間短縮」「工数削減」が可能です。

クラウドサインを利用する際に注意すべきこと

クラウドサインを利用する際に注意すべきことは、”セキュリティー” です。

本人確認に “メール認証” が使われているため、メールアドレスが乗っ取られてしまうと「知らないうちに契約されていた!」なんてことにもなりかねません。

クラウドサインでは、そのような “なりすまし” が発生しないよう「通信の暗号化」「2段階認証」などの対策がなされているものの、やはり自社におけるセキュリティー(メールアドレスの管理など)を万全にしておくべきです。

あとがき

契約書は大切なものですが、案外「資料に埋もれてしまって見つからない!」と、バタバタするケースも多いのではないでしょうか?

実は、そんなときに “リマインド機能” を使うと、すぐに契約書をひっぱり出せるのもクラウドサインの魅力。

メールに埋もれた契約書をさがす “ムダな時間” がなくなります。

ともあれ、国内の電子契約業界でシェアNo.1のクラウドサインなら安心して使えそうですね。

▶クラウドサインの詳細を確認する

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。