小さめなデスクにもおすすめ!スリコの『リストレスト』

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、『リストレスト』を使っていますか?

キーボードでタイピングするときに、手首の負担を軽減してくれる便利なアイテムです。

そんなリストレストをスリコで見つけたので、購入して使ってみました。

結論、スリコのリストレストは、あまり奥行きのない小さめなデスクでも使えるところが良いです。

※この記事は、およそ1分で読めます

小さめなデスクにもおすすめ!スリコの『リストレスト』

スリムなリストレスト

ほかのリストレストを使ったことはありませんが、デスクに接する手首のみをピンポイントでサポートするような形状なので、スリコのリストレストはかなりスリムな印象です。

スリムな形状なので、筆者が気分転換に使用している “あまり奥行きのない小さめなデスク” に設置しても、窮屈感なくタイピングできています。

▼手首がよく接するところが広く、設置しない部分はせまい形状になっています

利き手にもよるかもしれませんが、右利きである私の手首はカバーされない位置もなく、快適に使用できています。

底面が張りつきすぎず、再配置しやすい

スリコのリストレストは、「底面が張りつきすぎないから、再配置しやすいな~」と感じています。

おなじくスリコで販売されている『クッション付きマウスパッド』は、率直に言うと接地面に張りつきすぎて、再配置しにくいです。

ただし、『クッション付きマウスパッド』も、カッチリと設置する場所が決まっているなら、買って損はないかと。

※クッション付きマウスパッドは妻が使っていますが、「あってよかったわ~」と言っているため、比較的に気に入っているようです

あとがき

店内には330円の商品が多いなか、550円とスリコにしては高めな価格が設定されているリストレスト。

しかし、以前に筆者が愛用しているキーボード(MX KEYS)専用のリストレストの購入を検討した際に、価格がネックで購入には至らなかったことを考えると、550円なら試しやすい。

一般的には2,000円ほどのリストレストが多いので、およそ1/4という圧倒的なコスパの良さです。

クッション性もばっちりなので、はじめてリストレストを買うなら、スリコのリストレストを検討してみては?

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。