ダイソー「液晶画面クリーナー」のメリット・デメリット

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは「液晶ディスプレイの汚れが気になる!」というとき、どうしていますか?

濡れたティッシュなどで拭くと、さいごに乾拭きしてもちょっと水滴のあとが残ったりして厄介な液晶画面の汚れ。

そんな液晶画面の汚れをバッチリきれいにしてくれるアイテムが、100均のダイソーにありました!

※この記事は、およそ1分で読むことができます

ダイソー「液晶画面クリーナー」のメリット・デメリット

ダイソー「液晶画面クリーナー」のメリット

わたしが記事にしているということは、”メリットのほうが圧倒的に大きい” と感じているからです笑。

そんな「液晶画面クリーナー」のメリットは、以下のとおり。

  • 圧倒的な安さ(100枚も入っているのに110円)

これに尽きます。

一般的な液晶画面のクリーナーを買おうとすると、こんな感じの価格帯です↓

▶Amazon.co.jp : 液晶画面 クリーナー

ダイソー「液晶画面クリーナー」のデメリット

“めちゃくちゃ安い” というメリットのほうが大きいですが、デメリットのほうが数としては3つと多いです笑。

(だだ、どれも価格を考えれば許容できる範囲内ではないかと…)

クリーナーがスムーズにひっぱり出せないことがある

クリーナーがうまくひっぱり出せないことがあります。

ちょっとしたストレスにはなりますが、ピンセットを使うとカンタンにひっぱり出すことができます。

▼このように、フタを開けた状態では1枚飛びだしているはずです(飛びだしていないときはピンセットで持ち上げましょう)

27インチのディスプレイで3枚はつかう

筆者は、27インチのディスプレイを拭いてみましたが、27インチで約3枚のクリーナーを使いました。

画面の大きさにもよりますが、”1回の清掃につき、1枚のクリーナーで済ませる” のは、かなり難しいでしょう。

ペラペラだから “拭きにくい” と感じる人もいそう

ほかのクリーナーと比べると、かなりうすいため「ペラペラで画面が拭きにくい!」と感じる人もいそうです。

個人的には「すこし拭きにくいかな~」くらいで「めちゃくちゃ拭きにくい!」とは感じません。

あとがき

デメリットが多いとはいえ、やはり “圧倒的なコスパのよさ” のほうが勝ります。

なぜなら、”使う枚数は多くても、画面をキレイにすることはできるから” です。

仮に大きな画面で1回に5枚使ったとしても、20回はつかえます。

“数十枚で500円以上” の液晶画面クリーナーが多いなか、この内容量の多さで110円というのは、かなりのメリットではないでしょうか。

とかく、筆者は「100均にあったらいいな~」と思っていたものNo.1だった液晶画面クリーナーが実際に100均にあり、問題のないレベルで使えることに満足しています。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。