「レシピスタンド」がないときの代替品

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

極度の面倒くさがりの私が、奇跡的に料理にハマっています。

ほとんど料理をしたことがなく、手元にレシピ本が欠かせません笑。

でも、レシピ本って、(とくに左右で厚みが違うとき)勝手にパタンと閉じてしまうじゃないですか…

調理中に目的のページにひらきなおすのって、ストレスになるんですよね~

たとえば、生肉を扱っているときなんて、いちど手袋を外さなければいけないですし…

そこで『レシピスタンド』の購入を検討しましたが、意外と自宅にあるもので代替できました。

※この記事は、およそ1分で読めます

「レシピスタンド」がないときの代替品

レシピスタンドの代替品として役立つのは、「パンツハンガー」

ふだんは洋服のパンツ(ズボン)を吊るしておくパンツハンガーですが、キッチンに持っていくと、レシピスタンドとしても活躍します。

使い方は、キッチンの棚板(の取っ手)に吊るし、読みたいページを開いたままピンチ(パンツを挟む部分)で左右のページ上部を挟むだけ…

左右のページ数(本の重さ)の偏りで、若干斜めに吊るされてしまうこともありますが、実用度は高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あとがき

パンツハンガーのピンチの(挟む)強さによっては、ピンチで挟んだ部分にシワができてしまいます。

そのため、レシピ本にシワがつくのが嫌であれば、この方法はオススメできません。

筆者は、レシピ本は使って(汚れて)ナンボだと考えているので、これからもガンガンやりますが笑。

キッチンの棚板や取っ手に吊るすと、うちのキッチンの場合は “目線の高さにレシピがくる※” ので、めちゃくちゃ調理が捗るんですよね~

※目線の高さにレシピがあると、汚れにくいのもメリットです

ちなみに、この商品をみて「それなら、パンツハンガーで吊るしてもいいんじゃない!?」と、ひらめきました。↓

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。