速読日本一が教えるすごい読書術を読んだ[書評]



スポンサーリンク

どうも!やつおです!

電子書籍の普及も手伝って、わたしも月に
5冊以上は本を読むようになりました。

せっかくなので、だれかの役に立つかも
しれないので、僭越ながら書評を書かせて
いただきます。

ストレートに、感じたことだけを。

みなさんがこの本を読んでみるきっかけ
になればいいなと思っています。

初回は、どの書籍にしようかと考えだして
すぐに、まずはコレでいこうと思いました。

これから読書をしていくにあたって、
せっかくなら効率的にたくさんの本を
読んでいただきたい。

その想いを込めて、タイトル長めの、こちらを。

速読日本一が教える すごい読書術 – 短時間で記憶に残る最強メソッド

この本を参考にしてほしい方

本を読むことは好きだけれど、読む時間が足りない

あなたが、そんな悩みを抱えているのであれば、
この本は非常におすすめです。

なぜなら、はやく読むための事前準備からはじまり、
「読む」から「見る」に変えるなど、
非常に具体的な速読方法がまとまっているからです。、

この本を読んだ結果、わたしも実際に本を1冊読むのに
かかっていた時間が、劇的に速くなりました。

文字数や本の厚さがマチマチなので、具体的に
どれくらい速くなったのかという数字を出すことが
できなくて、ごめんなさい。。

ざっくりですが、ある程度具体的にいうならば、
立ち読みしていたら、気づけばその本を全て
読んでしまいそうになるレベルになりました。。

ただ、本は購入して読みましょうね。

というか、冒頭に書いてあるとおり月5冊以上は
本を読めていること自体が、この本を読んだからこそ、
可能になったことなんです。

この本を手に取る前は、自分でも読むのが遅いと
感じていました。

以前の私であれば、がんばっても月2冊で限界でした。

読んだことを思い出せない

せっかく本を読んでも、読んだ内容を学習できていなければ
読んだ意味がないし、読んだ時間がもったいないですよね?

わたしは映画やドラマなど、映像作品については、
いまだにあまり思い出すことができないことが多いです。

ですが、書籍となると話は別。

「すごい読書術」を読んでからは記憶に定着しやすくなった
ことはもちろんなのですが、この本では「アウトプット」
することが重要だと書かれています。

ようするに、自分の言葉で読んだ内容を書きだす
ということですね。

読んだ本の重要な部分をアウトプットする。

これをすることで、記憶にも定着します。

ここはわたしの意見ですが、今はEverNoteなど、
スマホやPCですぐに書き出すことができます。

そしてそのようなツールに書き出すことで、
いつでもスマホで内容を確認できてしまう。

そう、自分で思い出せない部分は確認すればいいのです。

これで、読んだ時間を無駄にしなくて済みますね!

スポンサーリンク

あとがき

いやぁ、書評ってどこまで書いていいのだか
わかりません。難しいですね!

「すごい速読術」には、上記でご紹介したテクニックのほか、
目からウロコの内容がたくさん書かれていますので、
ぜひ、読んでみてください!

以上、「速読日本一が教えるすごい読書術を読んだ[書評]」でした!



スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。