Amazonの商品が不良品だったら!?返品方法をご紹介! [着払い]

どうも!やつおです!

あなたは、Amazonで買い物をしたことがありますか?

わたしは、これまでAmazonさんでは、かなり多くのものを購入してきました。

しかし、こんな経験は初めてでした。

今回もいつものように『ある家電』を購入。

ふつうに使用していたところ、特に雑に扱っていたわけではないのに1週間もしないうちに壊れてしまいました!

疑う余地もないくらい『初期不良』だったので、交換してもらえるか若干不安になりました。

でも、結果として全く問題なく処理できたので「ほっ」としています。

というわけで、Amazonから届いた商品が不良品だった場合の返品方法についてご紹介していきます。

いつものように、『手順化』してあるので、上から下のとおりに画像を見ながら作業を進めるだけで大丈夫です!

では、よろしくお願いします!!

Amazonの商品が不良品だったら!?返品方法をご紹介! [着払い]

目次

返品する前に確認すること

通信販売には法的な『クーリング・オフ』はありません。

なので、販売者が『返品できません』などとうたっている場合は、返品できない可能性があります。

念のため、購入した商品の画面で確認してみましょう。

大丈夫そうであれば、さっそく返品処理していきましょう!

(返品したものと同じものの新品と『交換』してもらった手順です)

スポンサーリンク

返品手順

購入履歴から、返品するものが含まれる『注文日』の『商品の返品』をクリックする。

返品するものにチェック(青〇部分)し、『次に進む』(赤〇部分)をクリックする。

返品するものにチェックを入れると、『返品の理由』を選択する画面になるので、選択する。返品理由を書く必要があるので、適当に書きましょう。

返金の方法を選択し、『次に進む』をクリックする

[補足説明]

画像が見えにくくてすみません。

返金の方法は『Amazonギフト券』として返金してもらうか、『元の支払い方法』で返金してもらう方法があります。

今回は『Amazonギフト券』として返金してもらうため、『返金:アカウントのギフト~』を選択しました。

確認画面が表示されるので、相違なければ『返送手続きを開始』をクリックする

「返送する期限」、「Amazonに登録しているメールアドレスに情報が送られること」を確認後、『返品用ラベルと返送手順を表示・印刷』をクリックする

このページを印刷し、『着払いで申し込み』(赤線のリンク)をクリックする

[印刷する理由]

画面下の方にスクロールすると、返送する際に同封しなければならないバーコードがあるためです。(赤〇部分にバーコードがあります)

「ゆうびんID」を持っていないので、「ゆうびんIDをお持ちでないお客さま」の『今すぐ集荷依頼をする』をクリックする

「ゆうびんID」を持っている方は、「ゆうびんIDをお持ちのお客さま」の「ゆうびんIDをお持ちのお客さまはこちら」をクリックし、その後の画面の指示どおりに作業を進めましょう!

「ゆうびんID」を持っていない方は、自分の情報をズラーっと入力し、右下の『次へ』をクリック。

[補足説明]

『次へ』をクリックする直前あたりのチェックで「会員登録」があります。

「ゆうびんID」を持っていないと、毎回ズラーっと個人情報を入力するハメになりそうなので、わたしは「会員登録」のところは『する』にチェックしました。

個人的には会員登録することをおすすめします。

確認画面が表示されるので、相違ないことを確認後、『登録』をクリックする

これで、自宅に返品するものを集荷しに来てくれます。

念のため、受付番号(赤〇部分)は控えておきましょう。

注文履歴画面を見てみると、『返品開始』という文字が確認できます。

先ほどラベルを印刷し忘れた方は、『返品用ラベルと返送手順を表示』をクリックすると、ラベルを印刷できる画面に移動することができます。

あとは、『商品』と先ほど印刷した『返品用ラベル』を箱に入れて返品するだけ!

集荷されてしばらくすると、返品した商品代金分の『Amazonギフト券』が使える状態になるので、そのギフト券で同じ商品を購入することで事実上の『交換』となります。

実際に購入するときは、こんな感じでクレジットカードから引き落とされる料金が『0』となっているのがわかります。

金額の数字部分は『配送料・手数料』『クレジットカード』以外消しています。

あとがき

不良品が届いたのは初めてだったので、驚きましたが、ちゃんと返品処理すると、また新しいものが届きました。

Amazonさんはサポート体制もしっかりしているんだな~と感心しました。

そして、返品時に使用する箱ですが、今回は商品が入ってきたパッケージに入れてました。やはりサイズがぴったりで余計な処理がなくてよかったです。

なので、今後も通販で買いものをする際は、パッケージはしばらく保管しておこうと思いました。

以上、Amazonの商品が不良品だったら!?返品方法をご紹介! [着払い] でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。