お風呂は毎日掃除すべき?【結論:毎日ササッとが理想的】

こんにちは、やつおです。

あなたはお風呂そうじを週に何回くらいしていますか?

わが家ではこれまで週4回ほどの頻度で掃除をしていました。

しかし、新型コロナウイルスの付着などが気になり、いまではほぼ毎日掃除をしています。

実際のところお風呂掃除はどれくらいの頻度でおこなうのが正しいといえるのでしょうか?

結論、毎日ササッと掃除するのが意外と一番ラクで、新型コロナウイルスにも一定の効果が期待できるため理想的です。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 毎日ササッと洗うのが一番ラク
  • 週に一度はガッツリ洗う
  • 新型コロナウイルスが不活性化する温度

お風呂は毎日掃除すべき?【結論:毎日ササッとが理想的】

毎日ササッと洗うのが一番ラク

最後に入浴した人がササッとお風呂を掃除してしまいましょう。

実は入浴後というのは浴室が高温多湿の状態となっていて、最も洗浄しやすい環境なんです。

浴室用の洗剤を使ってスポンジなどでこすり洗いをすれば、ウイルスに対しても一定の効果が期待できます。

清潔を保つという目的だけでなく、新型コロナウイルスなどの感染症対策としても、こまめにちょこちょこ掃除しておくのが効果的といえるでしょう。

また、こまめに掃除しておくと『湯あか』のこびりつきを予防することができ、本腰を入れて掃除するときも比較的ラクに汚れを落とすことができるようになります。

スポンサーリンク

週に一度はガッツリ洗う

ふだんは入浴後にササッと掃除しておき、週に一度はガッツリ掃除しましょう。

カビ取り剤などを使い、ふだんはあまり掃除できない場所を重点的に洗浄することが週イチ掃除の主な目的です。

浴室を清潔に保ち、気持ちよく入浴できるようにしましょう。

新型コロナウイルスが不活性化する温度

あなたは、新型コロナウイルスが不活性化する温度をご存知でしょうか?

新型コロナウイルスが不活性化する温度は90℃以上と言われています。

ようするに、お風呂の温度ではウイルスが不活性化することはないということです。

しかも、仮に90℃以上であっても15分間でようやく不活性化されるといいます…

そのため、ウイルスに対して一定の効果が期待できる「洗剤を使っての洗浄」は必要不可欠といえそうです。

スポンサーリンク

あとがき

新型コロナウイルスのことを考えると、浴槽には浸からずにシャワーを浴びた方が良さそうです。

しかし、冬は寒いし暖かいお風呂は疲れをとってくれるので私はどうしても入浴してしまいます…

とはいえ、医師のなかでも入浴する派・入浴しない派に分かれているようなので、あくまでも自己判断になりますね。

筆者としては浴槽に浸かるのであればなおさら『お風呂そうじは毎日するのがコロナ禍では必須』だと考えています。

なぜなら、一般的な入浴温度ではウイルスの伝搬性が弱まることは考えにくいからです。

90℃以上の熱を15分間浴びせ続けるとウイルスが不活性化するようですが、お風呂がその温度になることはまずありません。

そのため、現状では「毎日」がお風呂そうじの頻度としては正しいと言えそうです。

とくに一人暮らしだと「忙しくて浴室の掃除にはなかなか手が届かない」という方も多いと思います。

しかし、少なくとも感染症が流行しているときは浴室も気を抜かずに感染対策(洗剤で掃除)しておいたほうがいいかもしれません。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「お風呂は毎日掃除すべき?【結論:毎日ササッとが理想的】」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。