おいしい水とは?【気になる水・おいしいと思う水をご紹介】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、おいしい水ってどんな水だと思いますか?

一般的には以下の条件に当てはまっている場合において『おいしい水』だと感じるようです。

  • 冷えている(『おいしさ』ではなく『健康面』を重視する場合は常温が好ましい)
  • ミネラルが適度に含まれている

今回は、わたしの主観で『気になる水』『おいしいと思う水』を計3つ書いていきます。

もちろん、あなたが「おいしい」と感じるのであれば、その水を飲むに越したことはありませんがw

筆者が気になる水

のむシリカ

最近YouTubeを見ていると、広告でメンタリストDaiGoさんが飲むことを習慣化しているとされているのが『のむシリカ』です。

ほかにも複数の芸能人が愛用していることもあり、注目が集まっている水のひとつだと思います。

『シリカ』にはコラーゲンの再生や、免疫力を向上させるなどの効果が期待できます。

また、『シリカ』は私たちの体内で作ることができません。

食べ物や飲み物などから積極的に摂取していなければ体内の貯蓄量が減少していくんです。

毎日飲む水であれば、さりげなく『シリカ』を摂取することができて良さそうですよね。

フィジーウォーター

わたしは硬水には疎いのですが、いつかは日頃からフィジーウォーターが飲めるくらいリッチな生活をしてみたいと思っていますw

というのも、フィジーウォーターは海外セレブが愛飲していることも多く、値段もそれ相応するからです。

先ほど登場した『のむシリカ』と同様、『シリカ』が豊富に含まれています。

硬水なので、ミネラルも豊富ですが、日本人にとっては『重く感じるような飲み心地』になると思います。

個人的には「甘みを感じる」という口コミを見たことがあることも、フィジーウォーターに興味を持ったきっかけです。

多くの海外セレブが愛飲しているということからも、美容にこだわる方にピッタリな水という印象を受けますね。

スポンサーリンク

筆者がおいしいと思う水

南アルプスの天然水

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、日本国内であればどこでも手に入るのではないかという『南アルプスの天然水』。

ほかにも軟水の商品にはいろいろなものがあり、南アルプスの天然水と似たものもたくさんあります。

しかし、たとえ類似商品のほうが安かったとしても私は常に南アルプスの天然水を選んできました。

理由は単純に「おいしく感じる」からです。

軟水なので、日本料理にも使いやすいうえに、赤ちゃんがいるご家庭でも安心してミルクをつくることができます。

あとがき

わたしはいろいろな水を飲んだことがあるわけではなく、今のところ水の味の良し悪しもそれほどわかりません。

しかし、同じような商品が多いなかから、つい南アルプスの天然水を選んでしまうというのは「美味しいから」というほかはないと思います。

また、私はそれほど意識していませんが、宇多田ヒカルさんがCMに起用されたことで商品に対するイメージもいいのではないかと思われます。

同じような商品が多いなかでは、広告の影響も大きくなるのかもしれませんね。

メンタリストDaiGoさんが出演している『のむシリカ』のYouTube広告についても、DaiGoさんが与える影響は大きいと思います。

現在のDaiGoさんは『自分がしたくない仕事は受けない』というイメージがあるため、おそらくご本人も本当におすすめしている商品なのだと思います。

そのへんを考えると、やはり飲んでみたくなりますよね。

ふと、水のように見た目が同じような商品は「広告の影響が大きいんだろうな」と思い、ついつい長々と脱線してしまいました。

ともあれ、自分好みの水を『本気で探してみる』のもおもしろそうですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上、「おいしい水とは?【気になる水・おいしいと思う水をご紹介】」でした。


関連記事


スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。