地球の温暖化をくい止めよう!【人類にとって非常事態です】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、地球温暖化について、どの程度進行していると認識していますか?

わたしが考えていたよりも、はるかに地球温暖化が進んでしまっており「これは非常事態だ!」と感じたため、情報共有します。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • IPCCは10年で熱波・干ばつ・洪水・温度の限界超えが増えると警告している
  • 気温が1.5度上昇すると、熱波が過酷化・頻発する

地球の温暖化をくい止めよう!【人類にとって非常事態です】

IPCCは10年で熱波・干ばつ・洪水・温度の限界超えが増えると警告

IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)は、”人間の影響で地球の温暖化が進んだことは明白” と結論づけています。

温暖化は想定よりもはやく進行しており、このままいくと2034年なかばには世界の気温が1.5度も上昇してしまいます。

気温が1.5度上昇すると、熱波が過酷化・頻発する

以前よりも暑く感じる夏ですが、さらに暑くなってしまいそうです…

なぜなら、気温が1.5度上昇すると “熱波が過酷化・頻発する” ことをIPCCが指摘しているからです。

暑さに強い人であれば、まだ大丈夫なのかもしれませんが、すでにかなりしんどい私にとっては、これ以上の暑さはしんどすぎます。

しかし、これは人間が引き起こした事態なので、文句など言えませんね。

“個人・家族でできる地球温暖化対策” も多い

個人でできる地球温暖化対策も、実はたくさんあります。

  • 家族が同じ部屋で過ごし、暖房と証明の利用を2割減らす…年間およそ238キログラム
  • 週2日 “往復8キロメートルの車の運転” をやめる…年間およそ184キログラム
  • ジャーの保温を止める…年間およそ34キログラム

など

【出典】環境省「地球温暖化パネル」

このように個人・家族でできることも多々あるため、ふだんから二酸化炭素排出量を抑えるように意識しましょう。

あとがき

IPCC報告書には、このようなことも書かれており、危機感をおぼえない人はいないはずです。

  • 多くの国で “火災が発生するような気候” となる可能性が高い
  • 気温上昇を1.5度に抑えるには、二酸化炭素排出量の “緊急で迅速、かつ大規模な削減” が必要
  • 対応が遅ければ気温上昇幅が2度になり、地球全体の生物が苦しむ

など

私たちが生き抜くためには、2034年までの気温上昇を1.5度に抑えることが必須といえるのではないでしょうか。

なお、科学者たちが提案する解決策は以下のとおりです。

  • クリーンテクノロジーの使用
  • 二酸化炭素回収・貯蓄
  • 植林

など

とかく私たちは、”個人・家族でできる地球温暖化対策” をコツコツと実践していくしかなさそうです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。