わりかんKINTOとは【アプリでカーシェアができます】

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、KINTO ONEをご存知でしょうか。

KINTO ONEというのは、任意保険や定期メンテナンスなどの費用も コミコミの月額料金 で トヨタのクルマを利用できるサービスです。

そんなKINTO ONEに “わりかんKINTO” というアプリが登場しました。

今回は、「わりかんKINTOのどこが便利なのか?」について解説していきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • わりかんKINTOアプリを使うと、仲間うちで効率よくカーシェアできる
  • 契約者がカーシェアしたい人のメールアドレスを登録することで利用できる
  • カーシェアできる人数は10名まで

わりかんKINTOとは【アプリでカーシェアができます】

仲間うちで効率よく「個人間カーシェア」ができる

任意保険や定期メンテナンスなどの費用がコミコミの “KINTO ONE” だからこそ、個人間でのカーシェアを安心・安全におこなうことができます。

そんなカーシェアを効率的に管理できるようにするサポートアプリが “わりかんKINTO” なんです。

「わりかんKINTO」で使える機能

わりかんKINTOでは、おもに以下の機能を使うことができます。

①予約機能

共有カレンダーで、メンバーの予約状況を一括管理することができます。

②わりかん機能

「利用時間」「利用割合」「均等分割」「走行距離」のパターンから、費用分割方法を選択して、わりかんを管理することができます。

③実績管理機能

運転距離や時間、平均速度などの走行データなどを表示して、実績を管理することができます。

④チャット機能

グループチャットで、カーシェア仲間とコミュニケーションをとることができます。

クルマに乗る日の相談に使えて便利です。

契約者がカーシェアしたい人のメールアドレスを登録することで利用できる

KINTO ONEの契約者が、わりかんKINTOアプリの申し込みフォームに「KINTO ONEに登録しているメールアドレス」と「契約車種名」を入力すると、2日ほどでインストール方法の案内が届きます。

アプリをインストールして、シェアしたいメンバーを招待しちゃいましょう!

カーシェアできる人数は10名まで

わりかんKINTOでカーシェアできる最大の利用者は10名です。

仮に10名より多くできたとしても、1人あたりの負担は少なくなるものの、さすがに管理しにくくなってしまうと考えられます。

そのため、むしろ10名は多いくらいに感じるほどの人数制限です。

カーシェア状況の把握のしやすさと、お得感を考えると3~4人がベストではないでしょうか。

たとえば、ルーミーを新車で購入すると155万円前後しますが、KINTO ONEなら1ヵ月4万円以下なので3人でシェアすれば1人あたり1ヵ月に1万3千円ほど。

つまり3年でも1人あたり48万円以下。もちろん、人数を増やすとさらに安くなります。

ルーミー以外の車種についても、こちらから確認できます↓

▶各車種の月額を確認する

※KINTO ONEを使ってレンタカー事業をおこなうことはできません

あとがき

KINTO ONEは、社会人であれば休日が異なる業種の知人と使うのが便利そうです。

また、大学生なら受講時間を調整して、友人とカーシェアすることができます。

金額的に購入はむずかしくても、KINTO ONEを利用すればカンタンにクルマに乗れる時代がやってきました!

これからは、”わりかんKINTOアプリを使ってカーシェアを楽しむ学生” が増えていきそうです。

「仲間が数人も集まれば、ちょっとバイトするだけでクルマに乗れちゃうのは最高だな~」と思うと、いまの学生さんはうらやましいかぎり。

わたしが学生なら、まちがいなく大学1年生のうちにバイトして資金を貯め、2年生から卒業するまでの3年契約でKINTO ONEを利用しますね。

人生は本当に “あっ” という間なので、どう考えても移動にムダな時間をかけず、若いうちに多くの旅を経験したほうがいいはずです。

▶KINTO ONEの詳細を確認する

ともあれ、わりかんKINTOアプリをうまく使って、お得なサブスクカーライフを楽しみましょう!

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。