暑くて眠れないときの対処法3つ

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、夏に「暑くて眠れない…」なんてことはありませんか?

気温が25℃を超える熱帯夜には、いつものように眠ろうとしても、なかなか寝付けないこともあると思います。

そこで今回は、筆者が実践して効果がでている『暑くて眠れないときの対処法』を3つご紹介します。

※この記事は、およそ1分で読めます

暑くて眠れないときの対処法3つ

寝室はリビングよりも涼しくしておく

リビングから寝室へ行く数分前には、エアコンの冷房を27℃(以上)に設定し、寝室の空調を整えておきます。

最長でも3時間後には電源がオフされるよう、タイマーを設定しておくのがベストです。

暑いからといってカラダを冷やしすぎてしまうと、夏風邪をひいてしまう原因にもなりかねないので注意しましょう。

また、湿度が高い日は、”寝る前に” ガツンと除湿してしまうのも効果的です。

頭を冷やす

眠れないときは、大脳の温度が高くなっていることが多いため、保冷まくらで頭を冷やしましょう。

私が使っている『アイスノンソフト』は、冷たさの持続時間が、およそ10時間と長いです。↓

持続時間が長いと嬉しい反面、冷えすぎも気になるため、アイスノンソフトにタオルを2重に巻いて温度を調節しています。

ちなみに、はじめてアイスノンソフトを使ったときは、直で後頭部につけて寝ましたが、冷えすぎたのか翌朝に頭が痛かった記憶があります…

寝具を夏仕様にする

冷感シーツや、冷感まくらカバーなど、夏仕様の寝具を使うのもオススメです。

メジャーな冷感シーツ・まくらカバーは、ニトリのNクールでしょう…↓

▶Nクール寝具 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

しかし、冷感タイプのまくらカバーは、(昨年使ってみましたが)意外とダイソーで販売されているものも、なかなかの『ひんやり感』でした。

※結局、真夏日になると私はアイスノン一択ですが笑

なお、日中に睡眠をとらなければならないときは、遮光カーテンで寝室に入る日差しをシャットアウトすると、かなり寝やすくなりますよ~

あとがき

この夏、節電も大切だとは思いますが、エアコンのタイマー機能もうまく使って、体調を管理したいところです。

人生、なにはともあれ、カラダが資本ですから…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。