「なんで?」と問うのは、やめたほうがいいかも

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、まわりの人が失敗したときに「なんで?」と、問い詰めてしまったことはありませんか?

けんすうさんのVoicyを聴き、感情にまかせて『why(なんで)』と問うのではなく、『how(どのように)』と質問するのが理想的だな~と思いました。↓

▶なんで?と問い詰めるのはよくないよね | けんすう「けんすうチャンネル」/ Voicy – 音声プラットフォーム

※この記事は、およそ1分で読めます

「なんで?」と問うのは、やめたほうがいいかも

「なんで?」と質問されると、叱られているように感じる

シチュエーションにもよりますが、「なんで?」と質問されると、わたしも叱られているように感じることがあります。

「なんで?」という聞きかたは、あまり良い質問の仕方ではなさそうです。

スポンサーリンク

「なんで?」と聞くと、隠したくなる

とくに仕事においては、「なんで?」と聞くと、必要最低限しか怒られたくない相手は、事実を隠したくなります。

すると、せっかく質問しても、うまく解決策を導けなくなってしまう…

「どうしてそうなったのか?」という過程をしっかりと聞き出し、解決策を探りましょう。

あとがき

「なんで?」という言い方だと、叱っているような印象になり、うまく相手から必要な情報を聞き出せず、根本的な解決策を導けない可能性が高まってしまいます。

そのため、「なんで?」と、ズバッと聞くのではなく、「どうしてそうなったのか」と、過程を聞いた方がよさそうです。

筆者も、なにも考えずに会話していると、つい「なんで?」と聞いてしまいがちなので、今後は気をつけます。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。