ゴムで歩行を補助!?futtoとは

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、『歩行補助具』と聞くと、どんな器具を思い浮かべますか?

たぶん、補助ロボットのような機械系の器具だと思います。

しかしながら、「杖なしで歩けた!」「補助ロボットの100倍歩けた!」などの声が出ている器具『futto』は、なんとゴムでつくられているんです。

※この記事は、およそ1分で読めます

ゴムで歩行を補助!?futtoとは

futtoの特徴3つ

①歩行するために足りない筋肉を補う

ゴムの力が、歩行に必要な骨格筋の代替になります。

(足が自然と前に進んでいく感覚とのこと…)

ゴムの力だけで実現している歩行補助具なので、電源や電池は不要です。

②運動学とリハビリの知恵から生まれた器具

設計者は、アスリートのリハビリに長年携わってきた方です。

『体を動かすためのメカニズム』を熟知された設計者が制作した器具なので、筋肉のサポートだけでなく、弱っている箇所を鍛える効果も期待できます。

となると、「痛めている部分をかばって、痛めていない部分を痛めてしまった…」なんてことも、おこりくいかもしれません。

③ストレスフリーに使える設計

たとえ機能が素晴らしくても、使用するまでに時間がかかりすぎると習慣化しにくいですよね?

しかし、futtoは慣れれば30秒で装着できるそうです。

futtoを利用するなら、日常使いする人が多いはずなので、装着が面倒でないことは非常に大きなメリットだと思います。

なお、futtoの公式ECサイトはこちらです↓

▶futto| 歩行筋サポートギア

スポンサーリンク

あとがき

高齢になってくると、外出する機会が減りがち。

外出する機会が減ると、心と身体が弱り筋肉の量が減少していく悪循環になっていきます。

「もう少し楽に歩けたら…」「杖なしで歩けたら外出する気になるのに…」と感じる人々は多いはず…

筆者も、加齢とともに徐々に歩行困難になっていくと思うので、世界初と言われているゴムの力による歩行補助具『futto』に期待せざるを得ません。

これまでは、「歩行補助ロボットは高額で、自分には手が届かないかな~?」と思っていました。

しかし、33,000円(2023/6/28時点)のfuttoなら、将来的に利用してみたいです。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。