【高速】ili(イリー)が旅行に大活躍しそう【翻訳機】

どうも!やつおです!

わたしはそんなに旅行しないのですが、最近どうしても気になる
旅行グッズがあります。

それは、最近テレビCMも始まりましたこちら!

インターネットに接続されていなくても使用できる、オフライン翻訳機「ili(イリー」です。
ちなみに「ネット接続なしの音声翻訳機」としては「世界初」とのことです。

オフライン翻訳機「ili(イリー)」

▼こちらが「ili(イリー)」。スタイリッシュなデザインです。

スポンサーリンク

iliの使い方

まず、使い方について調べてみました。
まぁまぁ、余計なボタンがない「シンプルな設計」になっているので
パッと見、カンが良い人使い方はだいたいわかりますねw

シンプルに3つのボタンのみ使う(3つのボタン以外なし)

①メインボタン (リピートボタン)
②スリープボタン(電源ボタン)
③サイドボタン (認識再生ボタン・言語切り替えボタン)

①「メインボタン」は正面から見える円形のボタン。

iliを口から約10cm離したところで、①を押しながら日本語をしゃべります
そして、1拍おいて指を離します

すると、日本語から指定した言語に翻訳されます
iliのすごさは、翻訳サイトとかよりもはるかに翻訳がはやいところ。

また、周囲の騒音がうるさいところなどで会話していると、相手から
「すみません、もう一度お願いします」と言われてしまうことも多々あると思います。

そういった場合のために、①を短く1回押すと、1つ前の翻訳をもう一度言ってくれる
リピート機能がついています。

いやぁ、よく考えられていますよね!

②「スリープボタン」は、電源のオフ・オンができるボタン。

③「サイトボタン」は、言語の切り替えができるボタン。

ボタンを長押しすると、「〇〇語に切り替え中です」とアナウンスが流れます。

※対応言語は、「英語」「中国語(北京語)」「韓国語」の3つ。

また、③には認識再生機能もついています。
短く1回押すことで、今自分が話した言葉をiliが正確に認識したか音声で確認できます。

バッテリーの持ちは?

バッテリーは3時間でフル充電されて、利用頻度にもよりますが、だいたいその日1日
使用できるということです。夜寝るときに充電しておけば、間違いありませんね。

あとがき

小型軽量なので、間違いなく荷物としてもかさばらないのもメリットですね。

今回あまりに気になりすぎて記事にしましたが、やはり自分でも欲しくなりました
海外旅行に行くときは、ぜひ買ってみようと思います。

以上、「【高速】ili(イリー)が旅行に大活躍しそう【翻訳機】」でした!

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。