エアコンの知識を仕入れました。[買い替え時期][自動掃除機能]



スポンサーリンク

こんにちは!やつおです!

しばらく使っていたエアコンの調子が悪くなってきたので、買い替えました。

そこで、今回エアコンを購入するにあたって、いろいろと販売員さん(メーカー担当者さん)に聞いてきたので、備忘録としてまとめたいと思います!

エアコンの知識を仕入れました。[買い替え時期][自動掃除機能]

以下、備忘録。

エアコン洗浄スプレーは、おすすめしない。

最近の(10年ほど前からの)エアコンは、市販の洗浄スプレーをかける部分に、何らかのコーティングが施されているものがほとんどで、そのコーティングをはがしてしまう可能性があるため、おすすめはしないとのこと。

自動掃除機能ってどうなの?

自動掃除機能がついていないエアコンでは、通常2カ月に1回は手入れが必要

しかし、自動掃除機能がついているエアコンの場合は、1年に1回ほど手入れをすれば大丈夫とのこと。

これについては、メーカー担当者の方はそう言っていましたが、半年に1回という人もいるようです

もしかしたら、メーカーの方が言っていたのは、最新機での話かもしれません。

まぁ、心配性のわたしは、半年に1回手入れすると思いますが(笑)

ちなみに、数年前から各メーカーさんで「冷凍洗浄」「自動熱交換器洗浄」など、かなり徹底的に洗浄できる機能が搭載したものも出てきています。

買い替え時期は購入から10年くらいが目安。

家電は、大まかに購入から5年くらいが買い替え時だと思っていました。

ですが、エアコンの場合は、メーカー側も、おおよそ10年とみているそうです。

10年使うとなると、それなりに良いのが欲しくなりますよね(笑)

たしかに、お店のポップを見ても10年保証っていうのが多くありました。

省エネのコツ。

エアコンには〇畳用っていうのがあります。

この〇畳用という表示については、6畳の部屋に対して6畳用のものを選ぼうとするのが普通だと思います。

ですが、メーカー担当者の方によると、「ぴったり6畳用のものを買わずに、もう少し広い8畳用あたりを選択することで、省エネになります」とのこと。

理由は、「エアコンに余裕があればあるほど、省エネになるから」だそう。

たとえば、6畳の部屋に8畳用のエアコンをつけるとします。

そうすると、エアコン側としては、全力を出す必要がないため、余裕をもって部屋を暖めたり、冷ましたりすることができるんですね。

要するに、あまりパワーを使わずに処理できてしまうため、それに伴って電力が消費されないということらしいです。

もちろん、 冷暖房の効率が良くなるので、部屋のドアはしめましょう!

スポンサーリンク

あとがき

洗浄スプレーは、かなり古いエアコン以外、なるべく使わない方が良いなんて知らなかったです。

私としては結構役立つ情報だったので、みなさんにも情報共有しました(笑)

ぶっちゃけ、売り場にいたメーカー担当者さんに聞いたことをそのまま記事にさせていただいています

なので、ココは違うんじゃない!?っていうところがあれば、問い合わせフォームから教えてもらえると幸いです。

ちなみに、今回購入したエアコンは、在庫処分中のセール品で、下記リンクの「ノクリア(ASD25H)」をベースとしたビックカメラグループのオリジナル版「ノクリア(AS258BKD)」です。

ビックカメラグループのオリジナル版の方には、通常のものに少々機能の追加がありますが、現行のものよりひとつ古いもので、今後あまり流通しなそうです。

なので、そちらについての情報は割愛させていただきます。

興味のある方は、調べてみてください!

なお、型番に「BK」がつくと、ビックカメラグループのオリジナルということらしいです。

以上、エアコンの知識を仕入れました。[買い替え時期][自動掃除機能]でした!


関連記事

画像認識アプリはカメラを向けるだけ![Google Lens]




スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 30代、雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。