カードケースとマネークリップが一緒『the RIDGE』レビュー

ども!やつおです!

近頃は、電子マネーや、クレジットカードでお買い物をする方が多いと思います。

わたしも、現金で買い物をすることは、ほとんどありません。

しかし、電子マネー決済をすることが増えてきたものの、クレジットカードや保険証は持ち歩いたりしますよね?

そこで今回は、普段持ち歩くモノを最小限にしたい方におすすめな新時代の財布ともいえる『the RIDGE(ザ・リッジ)』 についてレビューしたいと思います。

カードケースとマネークリップが一緒『the RIDGE』レビュー

the RIDGEは、オン・オフ使えるスマートなデザイン!

『the RIDGE』の大きさは、およそ『長財布の4分の1』『二つ折り財布の2分の1』くらいです。

▼こちらが『the RIDGE』。画像のものは『カーボン』ですが、『メタリック』など他の素材のものもあります。

想像していただければわかると思いますが、その大きさであれば『スーツの内ポケットに入れても違和感のない、スマートなデザイン』ですよね!

スポンサーリンク

カードが取り出しやすい!

カードの出し入れはスライドさせて行います

カードが上下に重なる形になるので、使い始めは必要なカードを取り出すのに少し苦戦しました。

ですが、慣れると財布と比較しても俄然スムースに出し入れできます!

ウィークポイントは?

『普段から持ち物を減らそうとしている方には最もおすすめしたい財布』です。

しかし、普段クレジットカードではなく、主に現金を使用している人にはおすすめできません。その理由は2つあります。

  1. 小銭を入れることができない(マネークリップ部に挟むことは可)
  2. 紙のような薄いポイントカードなどを入れる機能がない(無理矢理入れるとカードが折れてしまう)
スポンサーリンク

あとがき

『the RIDGE(ザ・リッジ)』は弱点はあるものの、デザイン性やスマートさから魅力を感じる方も多いと思います!

『カード払い派や、マネークリップ派の人には、是非使ってみていただきたい』です。

なにより、支払いがスマートにできるためか、持っていて気分がいい!(笑)

父の日などに、男性へのプレゼントとしてもおすすめです。

また、現金派だけど『the RIDGE』を使いたい!という方は、『the RIDGE』の弱点を補うキーケースもご紹介しています。

そちらの方も、ぜひ読んでみていただければと思います。

以上、「カードケースとマネークリップが一緒『the RIDGE』レビュー」でした。


関連記事


スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。