週休4日制を選べる日も近い?みずほが週休3~4日制導入

こんにちは、やつおです。

あなたは、週に何日休んでいますか?

副業を認める企業は増えてきてはいますが、その副業に取り組む時間が足りていないと感じている人は多いと思います。

そんななか、みずほフィナンシャルグループが12月に週休3~4日制を導入する方針を明らかにしました。

※この記事はおよそ1分で読むことができます

週休4日制を選べる日も近い?みずほが週休3~4日制導入

週休3日以上を選択すると基本給は変わる

みずほでは、週休3日以上を選択した場合は以下のような基本給になるかたちをとるようです。

  • 週休3日で従来の80%程度
  • 週休4日で従来の60%程度

いまの働き方として、「実は副業のほうが儲かるけれど、世間体のために企業に属している」という人も少なくはないと思われます。

ようするに、従業員の力が強くなってきているはずです。

そのため、今回の『柔軟な働き方の改正』は「企業側が今まで以上に従業員に配慮する姿勢が求められる時代になってきている」という証明の一端のような気がしています。

スポンサーリンク

副業・通学・介護に使える時間を増やす

やはり副業をおこなうために費やすことができる主な時間というのは休日ではないでしょうか。

しかし多くの企業の従業員にとっては、休日自体が足りていないことも事実だと思います。

みずほフィナンシャルグループにおいても副業を認めてはいるものの、従業員からは「副業にあてる時間が少ない」という声もあったのかもしれません。

また、通学や介護についても副業と同じことがいえるでしょう。

週休4日制のモデルとなるか

実際にみずほが週休3~4日制を導入し、ひとつのモデルとなれば他行も導入する可能性が高いでしょう。

そうなってくると、金融以外の業種にも影響が及ぶかもしれません。

スポンサーリンク

あとがき

副業うんぬんは抜きにしても、単純に「給料は少し減ってもいいから休みを増やしてくれ!」という人は多いと思います。

たしかに、日本人にはもう少しリフレッシュする時間も必要ですよね。

私としても常々、「せめて週休3日以上がマストな世の中になればいいのにな~」と考えています。

近いうちに、大多数の企業で週休4日制を選べる日が来てほしいものです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、「週休4日制を選べる日も近い?みずほが週休3~4日制導入」でした。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。