肉のハナマサ「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」の感想

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

ビーフジャーキーって、どれを食べても「おいしい!」と感じるのは私だけでしょうか?w

そんなビーフジャーキーですが、個人的に「他のビーフジャーキーよりもさらにおいしい!」と感じるものを発見しました。

今回は、肉のハナマサが販売する「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」の感想を書いていきます。

※本記事はおよそ1分で読むことができます


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」は、スーパーで販売されているビーフジャーキーのなかでは、筆者が最も好きな味

肉のハナマサ「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」の感想

ビーフジャーキーのなかで最も好き

飲食店で提供されるようなビーフジャーキーは置いておいて、スーパーで販売されているもののみに限定すると、私のなかでは最も好みな味つけです。

部分によって硬さはマチマチですが、食感も「ほどよく」仕上がっています。

スポンサーリンク

あとがき

肉のハナマサの「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」を、まだ食べたことがない人は損しているかもしれません。

筆者は近所にある、ハナマサ系列店の『JM(ジャパンミート)』で購入しますが、おそらく『肉のハナマサ』でも取り扱われていると思います。

(パッケージに肉のハナマサと書いてあるのでw)

「お肉屋さんが作ったビーフジャーキー」を食べるたびに、「干し肉、うめぇ~な!」と叫んでしまうくらい、おいしいですw

ビールが苦手じゃない人は、ぜひとも「ビールを準備したうえで開封する」ことをオススメします。

言わずもがな、最高のおつまみになるので。

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。


関連記事


 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

yatsuo

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。