クリック感と操作性が良い、オススメBluetoothマウス!

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたには、「お気に入りのマウス」がありますか?

もし、「マウスなんて、どれを使っても同じなんじゃないの!?」とお考えであれば、考え方を変えたほうがいいかもしれません。

私は入力機器に強いこだわりを持っている人間なのですが、環境によっては「マウスが変わるだけでも、あきらかに作業効率があがったと実感している」からです。

今回は、ロジクールのBluetoothトラックボールマウス「M575」をご紹介していきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 「作業スペースがせまい!」なら、トラックボールマウスに慣れるが吉
  • 以前まで使用していた「M570」よりもクリック感が良くなった「M575」

クリック感と操作性が良い、オススメBluetoothマウス!

「作業スペースがせまい!」なら、トラックボールマウスに慣れるが吉

「作業スペースがせまくて、作業がはかどらない!」という場合においては、「はやくトラックボールマウスを使ってみたほうがいいよ!」と教えてあげたくなります。

トラックボールマウスに慣れていない、最初の数日間だけは効率が落ちる可能性があるものの、操作に慣れてしまえば、確実に作業が効率化できるからです!

なぜなら、トラックボールマウスは、机の上でマウスを移動させる必要がないから。

親指だけで、カーソル移動することができるため、せまい作業スペースでの作業にぴったりなんです。

以前まで使用していた「M570」よりもクリック感が良くなった「M575」

筆者が、以前から愛用してきたトラックボールマウスは、ロジクールの「M570」でした。

「M570」も十分に使い勝手が良かったのですが、先日にChormebook用として、新型の「M575」を購入。

「M575」は、「M570」と比べると、「クリック感とクリック音が心地よくなったな〜」と感じています。

また、マウス裏にあるボタンの長押しにより、端末とペアリングできるのも、操作がわかりやすくて親切設計です。

※「M570」には、ペアリング用のボタンはありませんでした

あとがき

トラックボールマウスを導入したことで、せまいスペースを有効活用できるようになった筆者は、先日もあえて「小机」を買いました。

ふだんはスタンディングデスクで作業しているのですが、疲れてくると座って作業したくなるんですよね〜。

ニトリで購入したスタンディングデスク(マーフィー)は、細かく高さを変えられるため、逆に「いつもの高さに固定しておきたい!」という、デリケートな問題が…(筆者だけの問題かもw)

購入した小机は、ちょうどよい重量感があり、タイピングによって大きく揺れることもなく、筆者好みでした。(組み立てるとき、すこし苦戦したけど…)

もちろん、トラックボールマウス「M575」のおかげで、小さな机でも、まったく不自由さ(せまさ)を感じることなく作業することができています!

小机でも、気持ちよく作業できることを実感したため、あらためて「トラックボールマウスは便利だな〜」と感じた筆者なのでした…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

▼今回ご紹介したもの

 


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。