人生には、現実逃避する時期も必要だと考えています

こんにちは、やつお(@yatsu_o)です。

あなたは、現実逃避したことはありますか?

「突然、なに言っているの?現実逃避していたら、時間がもったいないでしょ!?」と、言われてしまいそうです。

しかし筆者は、実際に「現実逃避」が必要な時期が、多くの人には訪れると考えています。

なぜなら、人には悲しみに暮れるタイミングがあるはずだからです。

今回は、いま「現実逃避がしたい!」という人も、「現実逃避なんてしたいと思ったことはない!」という人も、一読してほしい話について書いていきます。


この記事を読むことで、以下のことがわかります。

  • 人には悲しみに暮れるタイミングがある
  • 悲しみから、3ヶ月ほど経過した時期に、現実逃避が必要になりがち
  • 現実逃避する方法3つ

人生には、現実逃避する時期も必要だと考えています

人には悲しみに暮れるタイミングがある

親しい人が亡くなったときや、人から裏切られたときなど、人には悲しみに暮れるタイミングが、必ず訪れるはずです。

そんなときは、現実逃避してしまうのも、ひとつの手段だと私は考えています。

これが仕事上のことで、「絶対に私がやり抜く必要がある!(自分でなければできない)」という状況でもないのに、精神的によくない状況(不眠など)が続いているのであれば、さっさと仕事を辞めてしまえばいいだけの話です。

しかし、上記のように誰かと死別したときのようなタイミングであれば、まったく別の話になります。

そんなときは、一時的に「現実逃避」してしまうのも、ひとつの手段ではないでしょうか。

現実逃避が必要になりがちなタイミング

親しい人が亡くなったときなど、大きな衝撃を受けたときには、数ヶ月たってから、さらに落ち込んでしまうケースが多いようです。

筆者は精神科医ではないので、詳しくはわかりませんが、周囲の人を見ていても「数ヶ月ほどしてから、悲しみがこみあげてくることが多いんだな…」と感じています。

わたしは、おばぁちゃん子だったので、祖母が亡くなったときに、そんな状況になりました。

そのとき、私が実際におこなった「現実逃避のしかた」のなかから、「これはオススメだな〜」と感じる方法を、3つご紹介します。

現実逃避する方法3つ

音楽を聴く

現実逃避するとき、筆者が最も頻繁におこなっていたのが、「一日の大半を音楽を聴くことにあてる」ことでした。

音楽を聴いていると、歌い手の感情にのせて歌詞も入ってきます。

すると、いつのまにか音楽の世界に入り込み、自分が悲しんでいることを忘れさせてくれるんです。

映画を観る

映画も、観ているうちにいつのまにかストーリーに入り込めることが多く、結果的に現実逃避になります。

筆者の場合は、なるべくポジティブな気分になれるような映画を選んでいました。

本を読む

なるべく、受け身でできることのほうがいいので、自ら読む必要がある「読書」は、上記2つに飽きたときのオマケと考えてください。

ただ、本のなかの他者(筆者)の人生を追体験したり、小説であれば主人公に感情移入することで、現実逃避ができることはたしかです。

とくに、ふだんから読書をする習慣がある人にはオススメです。

あとがき

この記事を書いていると、音楽の素晴らしさを痛感せざるを得ませんでした。

「実際に、当時のわたしを癒やしてくれたのは、音楽だったな〜」と感じたからです。

現実逃避したいとき以外でも、音楽は気分転換になるため、ふだん音楽を聴かない人は、音楽に触れてみることをオススメします。

「昔はよく音楽を聴いていたな〜」という人が、久しぶりに音楽を聴くと、最近の音楽のレベルの高さに驚かれるかもしれません。

邦楽であれば、LiSAさんとか、YOASOBIさんとか、レベルが高すぎです!

また、現実逃避しているときも、気が向いたときには運動をしておきましょう。

体力が落ちすぎると、いざ復活したときに困りかねないので…

※気分を晴らすには、朝散歩がオススメです

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事


 

ABOUTこの記事をかいた人

ニックネーム:yatsuo(やつお) 雑記ブロガー。趣味はドライブと読書、インターネットです。 空いた時間は「おいしいたべもの」「良い雑貨品」「おしゃれなファッション」を求めて日々、リサーチしてます。最新家電にも目がありません。